スポンサードリンク

 

 

飛距離アップのために多くの人がインパクトで右ひじが伸びているイメージを持ってスイングしています。

右ひじを伸ばしたほうが打った!「叩いた!」という感じになりますが、

実はインパクトで右ひじを伸ばしてしまったら・・・

飛距離不足の場合、インパクトで右ひじが伸びきっています。

 

 

インパクトで右ひじが曲がっているイメージが必要です。

 

右ひじを曲げてスイングするために中井学プロが動画でポイントを解説してくれています。

飛距離アップのために右ひじの使い方はとても大事です。

 

それでは内容に入っていきましょう。

 

~~ここから~~

 

右ひじを伸ばしてインパクトしたほうが「打った!」「叩いた!」という感じがします。

でも、実は右ひじを伸ばしたままインパクトしてしまったらクラブというのは打つ方向ではなくて下に力が働いてしまいます。

 

右ひじを伸ばしてしまったら力が下にかかるわけですね。

 

なので、右ひじを伸ばすと力が地面の方向へかかってしまうので無意識のうちにインパクトで起き上がる動きが入ってきます。

インパクトで手元が浮くことにより自然とフェースが開いて当たってしまうため右へプッシュアウトする球がでます。

 

右ひじはアドレスから少し曲がった状態で打った後もずーっと曲がっているイメージでスイングしてみましょう。

ずっと右ひじを曲げ続けたままのイメージでスイングします。

 

右ひじはゆとりを持たしてアドレスすることです。

 

ゴルフ場で球がつかまってない場合はたいていの場合アドレスで右ひじが伸びてしまっています。

 

アドレスで両肘が伸びてしまったら結果的にカット軌道になりスライスになってしまいます。

 

右手が下にある分右肩は当然アドレスで下がります。

 

インパクトエリアで右ひじを曲げていいと考えることができたら自然とアドレスで右ひじがゆるやかに曲がります。

~~ここまで~~

 

さて、今回の内容はどうでしたか?

 

インパクトで右ひじを曲げているイメージを持たれてない場合は正しいスイングイメージができていません。

 

右ひじというのはインパクトで曲がっています。

以前の記事でお伝えしたようにプロのインパクトの瞬間を見ると分かると思いますが、右ひじは曲がっています。

 

藤田光里プロの飛距離アップの秘訣は左ひざと右ひじにある

藤田光里プロのスイングを見ても分かると思いますが、インパクトで右ひじが曲がっています。

 

このように右ひじというのはインパクト後にクラブヘッドの遠心力により自然に伸ばされていくが正しい考え方です。

 

飛距離を伸ばすためにはインパクトで右ひじは曲がっているを意識してみましょう。

 

今までインパクトで右ひじが伸びてインパクトしているイメージがあった人は意識を変えてみるといいでしょう。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

repoto
スポンサードリンク