スポンサードリンク

今回は飛ばすための右ひじの使い方についてです。

飛ばす人に共通しているのが右ひじの使い方が上手だということ。
うまく右ひじを使えています。
右ひじの使い方が分からない場合は参考になると思います。


それでは、内容に入っていきます。

~~ここから~~

飛ばす人に共通して見られるのが右ひじの使い方が上手です。
その右ひじの使い方ですが、

トップから右ひじの曲がった状態をぎりぎりまでキープしてインパクトからフォロースルーにかけて右腕を伸ばしてパワーを出します。
これはボールを投げる時の右ひじの動きによく似ています。
アンダースローでボールを投げる時も右ひじをぎりぎりまでキープして、投げる時に解放することによってボールを速く遠くへ投げることができます。
逆にボールが飛ばない人の右ひじはダウンスイングの早い段階で右ひじが伸びてしまってその結果、インパクトで伸びきってしまっています。

右ひじが完全に伸びきってしまってボールに当たっています。
こうなるとダウンスイングの早い段階ですでに力を使い切ってしまいますのでボールを飛ばすことが出来ません。
右ひじを伸ばすのが早いとインパクトの手前で力を使い切ってしまうというミスに繋がります。
ですのでインパクトでは右ひじが少し曲がった状態で当たるぐらいのイメージをしましょう。

では、どうしたら右ひじのタメができボールを飛ばすことが出来るのか?
まずはアドレスをチェックしてみましょう。
アドレスで右ひじが少し曲がっている状態が重要です。
つまり右ひじに少しゆとりがある状態で構えるという事ですね。
右ひじが突っ張ってしまってアドレスすると右ひじを上手く使うことが出来ませんからね。

なので、上体と腕はリラックスして構えて少し右ひじは曲がった状態にしておきます。

次に右ひじの向きですが、右ひじはスイング中に下を向けておく必要があります。

スイング中に右ひじを下に向けておくことで正しい方向にひじを曲げることが出来るからです。
逆に右ひじが上を向いてしまうと、スイング軌道が安定しませんし、ダウンスイングでタメを作ることが出来ません。
この右ひじのタメは飛距離を出すのにとても重要な動きになってきますので、練習してみましょう。
~~ここまで~~
ダウンスイングでタメを作ることが出来ないと飛距離は出ません。

今回はタメを作るための右ひじの使い方についてでした。
右ひじをうまく使えていない場合は参考になるかと思います。
野球のスローイングのように右ひじは曲がって投げる瞬間にリリースされます。

最初からひじを伸ばしたまま遠くへ速いボールを投げることはできません。

これはゴルフも同じです。

ゴルフの右ひじの使い方をマスターして飛距離アップしましょう。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

repoto
スポンサードリンク