スポンサードリンク

ドライバー飛距離アップのために、今回はI・H・ホプロの飛距離アップの秘訣を紹介します。

 

韓国人プレイヤーの中でも目立って強く活躍中の選手なので参考にしていただけるといいですね。

 

I・H・ホプロはドライバーで飛ばすためには左腕の使い方を意識していると言っています。

 

どういうことか?

 

I・H・ホプロが言う左腕の使い方の意識というのは、簡単に言うとスイング中に左腕を曲げないように使うことがポイントです。

 

左腕を曲げないように我慢してバックスイングをすることにより体をしっかり捻転させることができます。

 

そして、ダウンスイングからフォローにかけて捻転した体を開放する感じにしますが、左腕はここでも伸ばしたままをキープするのがコツです。

 

左腕は伸ばしたままで腕を使わずに体だけを回すイメージで振ることが大事とI・H・ホプロは言っています。

 

こうすることによって自分にとっての最大のスイングアークとなり、ヘッドスピードが上がるため飛距離アップにつながると言っています。

 

しかし、左腕が伸びていてもバックスイングとフォローの時に腰が引けてしまったらパワーが逃げてしまうため、下半身はアドレスの状態をなるべくキープして崩さないようにすることがポイントです。

 

左腕を伸ばしたままでバックスイングをすることにより、上体をしっかり深く捻転させることができます

 

この時に注意したいポイントとして下半身が右にスエーしないようにすること。

 

インパクトからフォローにおいても左腕は伸ばしたままで使います。

 

 

大きなスイングアークを作ってヘッドスピードを上げるためには左腕を伸ばしたままスイングが大事です。

 

バックスイングとフォローで体がスエーしないようにするために、アドレスで下半身に力を入れることも忘れずに。

 

 

腰が引けてしまったら上体をねじることができないので腰の位置をアドレスの時のポジションからできるだけ変えないようにすることが大事です。

 

バックスイングで右腰がアドレスの位置から右にスエーしないように。

また、フォローで左腰がアドレスの位置から左へスエーしないように。

 

I・H・ホプロは言います。

 

左ひじが曲がるのはフィニッシュの時だけであり、トップとフォローにおいて左ひじが曲がらないように気を付けることが大事だと。

 

続けてI・H・ホプロが飛距離アップのために行っている練習方法を紹介します。

 

これはかなり効果的な飛距離アップの練習ドリルとなりますので実践することをおすすめします。

 

 

I・H・ホプロが飛距離を伸ばすためにおすすめするのが、SW(サンドウェッジ)を左手だけでもって、左腕を伸ばしたままでスイングするというものです。

 

 

そして、左手一本だけでボールを打ち、SWで100ヤードを飛ばすというものです。

ret454y54

左手一本でSWで100ヤード飛ばすなんてかなり何度高いですね。

でも、最初は当たらなくてもいいのでつねにフルスイングを続けることによっておのずと飛距離アップが可能となるとI・H・ホプロは言ってます。

 

最初はSWを左腕一本で左腕を伸ばしたまま打ってランも入れて最初はせいぜい60ヤードぐらい飛ばせたらいい方だと思います。

このSWを左腕一本だけでもって100ヤード飛ばすこの練習は筋力アップにもつながりますので個人的にもお勧めだと思います。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

repoto
スポンサードリンク