スポンサードリンク

 

飛距離を伸ばすために

右足の使い方についてです。

体が左へ突っ込んだり、下半身がブレて方向性が定まらなかったり、

飛距離不足に悩んでいる場合は参考になるかと思います。

 

最近のトッププロが行っている足の使い方になります。

 

ボールをドライバーで遠くへ飛ばすために右足のかかとの動きについてです。

最近活躍しているプロの多くは右足のかかとをねばらせてインパクトしています。
インパクト前に右足のかかとがめくれている打ち方では上体がのびあがってインパクトしてしまうことになり、

ボールにパワーを伝えることが出来ません。

または左へ突っ込んでしまったりとスイングが安定しません。
ドライバーで飛ばしたいときにインパクトよりも先に右足かかとがあがってしまう。
これはほとんどの人が右足かかとをねばれずにスイングしている共通点です。
なのでインパクトでは右足かかとをあげずに粘った状態を保ちましょう。

右足かかとを上げないベタ足のスイングでボールにパワーを伝えましょう。

イメージとしては右足のかかとがボールを打ちぬくまで上げずに粘りながら上げていくようにしましょう。
右足のかかとをスイング中に上げずに粘ることによって力強いボールになりますし、飛距離が出ます。

また方向性も安定してきます。

 

 

 

また飛距離アップのために必要なヘッドスピードを上げるための方法もあります。
腕の力ではなくて足の力を使うことでヘッドスピードを上げることになります。
もちろん体重移動も重要なポイントです。

右足に乗って左足に乗っていく動きです。
そしてこの足の使い方のポイントとして、

インパクト付近で左足を蹴るように動かします。
こうすることにより左サイドに壁ができます。
左サイドに壁を作ることにより、ヘッドを加速させることが出来ます。
左足の蹴りを使えないと左サイドがスエーしてしまいます。
左サイドが流れてしまうとヘッドスピードを加速させることが出来ません。
インパクト付近で左足を延ばすときの注意ポイントですが、

左足をのばすときに上体まで伸びあがらないように気を付けましょう。

上体が伸びあがってしまうとボールに正確に当たらなくなってしまいます。

 

飛距離アップのための足の使い方についてでした。

足をしっかり使えるようになるとおのずとスイングがよくなり飛距離アップにつながりますので参考になるかと思います。

 

劇的に飛距離を伸ばすためには上半身よりも下半身の力をうまく使うことが大事です。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

repoto
スポンサードリンク