スポンサードリンク

 

飛ばしの秘訣として今回はびっくりするほど体が速く動く方法について解説しています。

体を早く動かせばどのような効果があるのか?

クラブシャフトがしなり、ヘッドスピードを上げることが出来る体を早く動かすための方法です。
まず、速いスピードで動くためには腕が体の近いところを通るようにすることが必要不可欠です。
この体の近くを腕が通るというのはフィギュアスケートに似ています。

腕を伸ばして体を回転するのと腕を曲げて体を回転するのとでは腕を曲げて体を回転したほうが速く回転することが出来ます。

ゴルフも同じことが言えます。

腕が体から離れて下りてくると速度を出すことが出来ません。

逆にクラブがなるべく体の近いところを通って下りてくることによって速く回転することが出来ます。

しかし、これは腕の力に頼って下してきても意味がありません。

腕は下半身の動きによって体の近くに下してきます。

下半身の力に引っ張られるように腕が体の近くに下りてくると速く回転することが出来ます。

テークバックをしてからダウンスイングは下半身の動きによって引っ張ってきます。

実際は想像以上に腕が置き去りにされている感覚です。

振り遅れるぐらいの感覚があるとちょうどいいです。

このイメージが大切になります。

例えばですが、

しゃがんでジャンプするときにしゃがんで一度止まってジャンプする人はいません。
止まった状態からジャンプすると高く飛ぶことが出来ません。

逆にしゃがみ切る直前に飛びあがります。

一連の動きの中で飛び上がった方が高く飛ぶことが出来るからです。
そのほうが小さな力で高く飛び上がることが出来ます。

ゴルフスイングもこれと同じでクラブを上げてから下すのではなくて、クラブが上がりきる前に下半身を使ってクラブを下します。

クラブが上がりきる前に下半身を目標方向へ動かし始めるといいです。

そうすることによって自然に体を捻じることが出来ます。

そして、大きなエネルギーを引き出すことが出来るのと同時に反復性の高い動きをすることが出来るわけです。

この切り返しのイメージは左腕が地面と平行になるところから下半身を動かし始めます。

クラブが上がりきる前に下半身を目標方向へ動かし始めます。

クラブが上がりきる前にがポイントです。

この動きによって速いスピードで体を回転させることが出来るのでクラブヘッドを走らせることになります。
もちろん腕を体の近くで振るという事を忘れないようにしましょう。

この動きを覚えると上半身の力みなど必要ありません。

体がバネのしなってクラブヘッドを走らせているのが分かると思います。

 

例えばムチやゴムチューブなどを振ってみるとわかりやすいです。

 

ゴムチューブやムチなど柔らかいものを振ることでよりしなりを感じながら振ることができます。

 

体の近くを腕が通らなければしなりを感じて振ることができませんからね。

 

腕を体の近くに通して振るということを意識して練習してみましょう。

 

シンプルに短期間で飛距離アップを目指すならドラコンプロの安楽選手の飛ばしの極意!クラブを速く振るための腕を体の近くに通す方法がおすすめです。

 

飛ばしの極意!クラブを速く振るための腕を体の近くに通す方法を実践した感想はこちら

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 

repoto
スポンサードリンク