スポンサードリンク

sokou

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回も飛距離アップのために「これいいなぁ~!」と思った「速効!飛距離アッププログラム」について感想を書きますね。

 

ドライバーで飛ばしたいと思ったら、ほとんどの人が腕に力が入ってしまいます。

「このホールは飛ばしたい」とか、このように思った時って腕に力が入ってミスショットになった経験があなたもあると思います。

腕に力を入れても飛距離というのは変わりません。

飛ばしたい=ダウンスイングで腕に力が入る

こうなる人は飛ばすための理論を知らないのもそうですが、「腕に力を入れても飛ばない」「腕に力を入れてもミスになるだけ」という考え方に変えてください。

 

まずは、考え方を変えるということは大事です。

飛ばしたいと思ってスイングして腕が力んでしまうという気持ちはわかります。

 

でも、腕の振りを早くしても肩の動きがそれに伴って早く動いてくれないとインパクトで詰まってしいまいます。

 

バックスイングからトップに行き、切り返しのダウンスイングの初期に腕に力が入ったら、その時点で肩の動きが止まってしまうので、インパクトが詰まって窮屈なスイングになってしまいます。

 

また、飛ばすためにダウンスイングで思いっきり腰を回す人もいますが、ほとんどの人が振り遅れになって右へプッシュアウトスライスがプッシュアウトの球になってしまいます。

 

「それなら一体どこから切り返したらいいの?」って思うでしょう。

 

腕に力を入れて振り下ろしてもダメ。

下半身リードで腰を思いっきり回転させても振り遅れるだけ。

 

ほとんどの人はこのように飛ばしたいと思ったらどちらかになってしまうんですが、これではミスするだけで良いことはありません。

 

そもそも振り遅れるというのはほとんど下半身リード先行の意識が強くて、上半身が置き去りになって体だけは一生懸命動かしているけどクラブヘッドが走らないという人のスイングがこれです。

ダウンスイングで左肩が動かないとインパクトが詰まる

そこで「速効!飛距離アッププログラム」ではダウンスイングを左肩からスタートさせる。ということを著者の吉本プロが推奨していますが、この左肩からダウンスイングをスタートさせることによって、振り遅れもそうですが、インパクトで詰まるということがなくなってきます。

 

左肩がダウンスイングで先に動いてくれることで、それに引っ張られて腕が付いてきて、腕に引っ張られてクラブが付いてくるという順番になります。

 

そして、最後にクラブヘッドが付いてくることになります。

左肩が動いていない人は、腕を振りぬくスペースがなくなるのでどうしてもインパクトで詰まってしまいます。

そして、左ひじの引けたフォローになってしまうわけです。手打ちで腕が力んでボールに当てに行くスイングの人はみんな左肩が先に動いてくれないのでインパクトで詰まって左ひじが引けるという結果になってしまうわけです。

 

そして、腕からダウンスイングをスタートさせるとクラブヘッドはアウトサイドから下りてきますので、スライスが出るわけです。

 

飛距離は伸びないしミスショットという結果で終わります。

トップからの切り返しで正しく動けるかどうかによって、その後のスイングは決まります。

下半身リードで振り遅れるという人は下半身リードのまま練習してもスイングは良くなりません。

インパクトが詰まって左ひじが引けるという人は腕を振り下ろす意識を捨てることです。

飛ばしたいと思って力んでいるうちは飛距離は伸びてくれません。

この「速効!飛距離アッププログラム」では飛距離を出すために大切な左肩の動かし方について解説されています。

ダウンスイングから左肩をどのように動かしたらいいのか?

飛距離を伸ばすためにどのように左肩を動かしていくのか?

 

これについて学べるわけですが、これは飛距離アップもそうなんですが、先ほどお伝えしたようにインパクトで詰まって左ひじが引けてしまう人や、アウトサイドインの軌道が直らない人、そして下半身リードでスイングして振り遅れが直らない人にとってもこれらのスイングの欠点を克服するという意味でも効果あることなので、このような人はぜひ実践してほしいですね。

速効!飛距離アッププログラム評価

repoto
スポンサードリンク