スポンサードリンク

sokou

 

どうも、ゴルフ侍トシです。

あなたは、飛距離を伸ばしたいと思って練習されていると思います。

今回は飛距離をアップさせるために欠かせないヘッドスピードについてお伝えしたいと思います。

ヘッドスピードといっても人によって最大ヘッドスピードは異なりますが、いずれにしてもダウンスイング始動後にヘッドスピードが減速してしまうという人がいます。

 

こういうスイングの人は飛距離をロスしていまします。

ダウンスイングからインパクトにかけてヘッドスピードが減速してしまう。

なぜ減速してしまうのか?

手振りで一生懸命ヘッドを加速させようとしても手振りになるとオンプレーン上でヘッドを加速させることができません。

手振りでいくらヘッドスピードを加速させようと思っても、インパクトで最大ヘッドスピードを出すことはできませんし、また、スイングプdレーンが安定しないためあっちこっちに球が散らばります。

そこで、速効!飛距離アップ術ではヘッドスピードを減速させずに加速するために【肩の動かし方】について解説されています。

肩の動かし方1つでヘッドスピードが加速するということなんですが、このスイングならヘッドスピードを加速させながらオンプレーン上でスイングできますので、おのずとミート率が上がり飛距離が伸びるということが納得できます。

いくらヘッドスピードが速くても飛距離がそれほど・・・という人がいます。

 

ヘッドスピードが速くてもミート率が悪ければ最大飛距離もそうですが、ドライバーの平均飛距離を伸ばすことはできません。

たまに飛ぶけど、球が散らばる・・・

当たれば飛ぶけど、安定して飛ばすことができない・・・・

 

このような人はスイングの再現性がないということが言えます。ゴルフは飛距離を競うスポーツではないですが、自分の最大飛距離を出すために最大ヘッドスピードの中で高いミート率を誇る人は安定して飛ばすことができます。

再現性のないスイングで飛ばしても・・・

一発の大当たりよりも、平均飛距離を伸ばしたいという場合は、「速効!飛距離アップ術」はかなりおすすめですね。

フェアウェイをとらえる強い球を打ちたいとか。

OBになる不安なく飛ばせるようになりたいとか。

安定したショットの中で飛距離を伸ばしていきたいという方にとって「速効!飛距離アップ術」はおすすめできます。

ちなみに僕の友人が「速効!飛距離アップ術」を実践した結果も書いていますので参考にしてみてください。友人の実践結果

 

ただ、この教材はPDFで文字と画像での解説になりますので、動画のレッスンを希望されるという方にはその辺に不満が残るかもしれません。

 

ただ飛距離を伸ばすための重要な肩の動かし方などに関しては細かく丁寧に解説されていますので、そこは問題ないかと思います。

この教材は下半身主導や、体重移動やそういった2軸スイングで飛ばすための理論ではなくて1軸で飛距離を出すための理論になります。

 

でも、2軸スイングにも肩の動かし方は取り入れることができます。

飛距離と方向性の両方を求めるという方にとってはこの教材はおすすめですね。

「速効!飛距離アップ術」の公式HPはこちら

repoto
スポンサードリンク