スポンサードリンク

sokou

どうも、ゴルフ侍トシです。

飛距離アップさせるために今回も僕のおすすめの「速効!飛距離アップ術」について感想を書きます。

安定して飛距離を伸ばしたいという人のためにおすすめできる教材です。

そして、無駄な動きなくシンプルなスイングを求めて飛距離を上げていきたいという場合もこの教材はおすすめできます。

ゴルフスイングは一般的に下半身の動きについて「下半身リード」とか「下半身先行のスイング」とか「腰の回転」とか「腰を切り上げる」とかいろいろとダウンスイングの始動で言われることって多いですが、こういう下半身リードでスイングを作るという意識は上半身の動きができていないのにやっても意味がありません。

 

逆にスイングが難しくなるというのが僕の経験してきてわかったことでもありますが、下半身リードでスイングを作っていってもどうしても球筋が安定しないという場合は、上半身がスムーズに動けていないというのがあります。

パワーを出すのは下半身と思われるかもしれませんが、上半身の動きとマッチしたときに正しくスイングできてボール体のパワーを伝えることができます。

とくに飛距離不足という場合は、肩の動きがスイング中に止まっているとか、もしくは正しく肩が動いていないという人が多いです。

左肩、右肩、両方が正しく動いてこそ正しいスイングが作られるということを意外に知らないという人もいますし、考えたこともないという人もいるでしょう。

あなたが今まで肩の動きに関して意識したことがないという場合、肩というのはダウンスイングではじめに動く場所という認識を持った方がいいです。

 

キレイなスイングで飛距離アップを目指すなら

飛距離を伸ばすためには正しい肩の動きができるようになることと、肩の動かし方で飛ばすという意識が出てくるとスイングというのは自ずとキレイになっていくというのがあります。

以前の記事でもお伝えしましたが、肩が先に動いてくれない人のスイングは腕がインパクトで詰まってしまいます。

左ひじが引けるフォローになってしまうというのは肩の動きが正しくできていないということが言えます。

下半身リードでスイング作りをしてきてうまくいかないという人は、よく左ひじが引けるフォローになる人が多いです。

インパクトが詰まることによって右手ですくう動きになってしまいます。

こうなると弱々しいぽわーんとした球しか出ません。

アイアンではダウンブローにインパクトを迎えることができませんし、ドライバーでもハンドファーストでインパクトができないのでシャフトのしなりを生かして飛ばすことができません。

インパクトで自然とシャフトの逆しなりを生み出すことができないので飛距離が伸びません。

ハンドファーストのインパクトを迎えるためいは肩の動きが関係してきます。

その肩の動かし方を「速効!飛距離アップ術」で学ぶことができます。

飛ばすための肩の動かし方と同時に、再現性の高いスイングを作るうえで欠かせない肩の動かし方になりますので、スイングに再現性がないという方やゴルフを始めて初心者でも、上達の近道をたどりたいという場合は、肩の動かし方について「速効!飛距離アップ術」で学ぶといいでしょう。

飛距離を伸ばすために僕の友人が実践した結果

repoto
スポンサードリンク