スポンサードリンク

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。

 

ダウンスイングからクラブが寝ると正しいスイングプレーンに乗せることが出来なくなります。

 

また、ダウンスイングからいきなり左腰を回してしまうとクラブが寝て下りてきますし、左肩も開いてしまいますので振り遅れたりカット軌道のスライスになったりします。

 

飛ばすためにはダウンスイングでクラブを立てて下してくることがポイントになります。

 

 

それでは、クラブを立てて下してくるために動画の内容を紹介します。

 

~~ここから~~

クラブの立て方について説明します。

よくダウンスイングでクラブを立てろと言われるかと思います。

このクラブを立てることは実はとても難しいことです。

どういうことかと言うと、ほとんどの人がダウンスイングで腰を横に切りながらクラブを立てようとします。
でも、このように腰を横に切りながらクラブを人間というのは必ず連動してクラブは寝ます。

寝たものを今度は腰を横に回しながらクラブを立てなさいと言いますが、これはとても難しいです。
クラブがダウンスイングで寝ることによりシャフトが後ろに倒れて正しいプレーンに戻すためには複雑な動きが必要になります。

そのため、クラブを加速させることが出来ません。
逆にダウンスイングの初期にシャフトが立つことにより、クラブをプレーンに乗せやすくなります。
そうすることによってヘッドを加速しながら振ることが可能となります。

では、実際にどのようにしてクラブを立てるのか?
構えた状態からバックスイングをして右から左へ腰を切ってシャフトが寝るということは、足を横に使った場合にクラブが寝ます。
つまり左ひざが流れてしまうとクラブが寝てしまうわけです。

左ひざが流れるという事は脚を横に使っているためです。
なので横に使ってクラブが寝るという事なので、今度は踏んでみましょう。
左ひざを横に割るのではなくて、ダウンスイングで左足で地面を踏みましょう。

踏むことによってクラブは自然と立ってきます。

この場合にクラブを自分で引き落とそうとか、体に引き付けようとか思わないでください。
構えた状態から脱力して分からなかったらバックスイングからトップにきたら左足を踏んでみましょう。
踏むことによってクラブは勝手に下に落ちてきます。
逆に体を横に回そうとするとクラブは寝ます。

横に寝るものを戻しながら横に回すという事は効率が悪いです。

クラブを軽く握って左真下に踏みば加速させながら振ることが出来ます。

脱力すればするほど手は落ちてきます。

なのでこれでクラブを立ててくるイメージを持つといいでしょう。
クラブを立てるという事は腕の力に頼らないという事です。

どこでクラブを立てるのかと言うと左足の踏み込みでクラブを立てるというイメージが大事です。
そのためにも必ず上半身というのは脱力した状態を保つようにしましょう。

 

~~ここまで~~

 

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てて下すことは必要不可欠ですね。

クラブを加速させて振れない人やスライスなどの場合はこのクラブを立てるために左足の踏み込みを意識してみるといいでしょう。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

repoto
スポンサードリンク