スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せる感じで打つ】についてお伝えしていこうと思います。

 

フェースにボールを乗せる感じで打つと聞くとアプローチのことをイメージする人がほとんどだと思いますが、僕はドライバーでも同じように「ボールを狙ったところに運ぶクラブ」という意識が大事だと思っています。

 

なんでも飛ばすだけがゴルフではないという事です。

 

なんでもかんでもフルスイングがゴルフではないという事が言いたいわけですが、

キャリーを出して、飛ばすためには、やはりアッパーブローにボールをとらえることが大事。

そして、打ち出し角を高くすることがポイントです。

 

そうするためにはティーアップは高めにして左足かかとの延長線上にボールをセットするということ。

これがビックキャリーを出すための第一条件と思ってください。

 

そして、アドレスの時にひざを突っ張るのではなくてしっかりを曲げておくことが大事です。

こうすることによって、体の上下動を防止することができます。

 

そして、スイングの最下点を過ぎてクラブヘッドが上昇しはじめたところでインパクトを迎えるという事です。

 

無理にすくい上げるなどの動きは必要ありません。

というか、すくい上げるような動きを入れてはいけない。

「フェースにボールを乗せて高く打ち出す」ぐらいの感じでスイングするという事がポイントですね。

 

やはりアッパーブローでフェースにボールを乗せて高く打ち出すということによって遠くへボールを運べるわけですが、アドレスでスタンスを通常よりも広めにして、膝をしっかり曲げることを忘れないようにしてください。

 

そして、肩や腕の力はできるだけ抜いてリラックスしてアドレスするようにしてみてください。

 

こうすることでビックキャリーを実現させることができるようになります。

 

体重移動の意識は必要ないです。

体重移動の意識やイメージがあると体がダウンスイングで左へ突っ込んでしまいやすいです。

 
左に乗ろうなどと考えてスイングしている人はたいがい左へ突っ込んでいってしまっていますので、これではダウンスイングでタメができませんし、手首のコックがほどけてキャスティングの動きになってしまいます。

 

なのでダウンスイングでは絶対に左へ体重移動をするなどという意識は捨てた方がいいですよ。

 

スタンスを肩幅よりも若干広めにするぐらいでいいですが、あまり広すぎると今度は体が捻転しづらくなりますので、スタンス幅は通常のスタンス幅よりも靴一足分広めにするぐらいでちょうどいいです。

 

あなたがビックキャリーで飛ばしたいという場合は参考にしてみてください。

 

体重移動を考えないことによって、
軸ブレを防ぐことができます。

ダウンスイングで左足を踏み込む意識が強いとかそういった場合は、多くの方が左へ軸ブレしていきますので、ただ軸が右から左へと移動していることになります。
この軸の無駄な移動によって、インパクトが狂ってしまいますので、手元で狂ったものを合わせようとする動きが入り、結果的に手打ちになってしまうのです。

手打ちでは自分の最大飛距離を出すことはできません。
ビックキャリーを出したいと思うのであれば手打ちを速やかに克服することです。
そのために、僕はメルマガ限定で一般男性でも飛距離270ヤード超えを打てる再現性の高い正しい体打ちスイングを習得できる方法をお伝えしています。

 

このブログでは飛距離アップに関することを書いていますが、あなたがもっとゴルフを上達させたいという場合は、僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモをメルマガ限定でお伝えしていますので、この機会にお楽しみください。

また、メルマガではブログには書いていない濃いゴルフノウハウも配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

あなたがダフリやスライスやアプローチのざっくりなどに悩んでいるなら、それらを解決する方法も配信していますのでお楽しみください。

repoto
スポンサードリンク