*

最大飛距離はスイングを腰のターンでリードし体の捻じりで自然な体重移動

      2020/05/16

 

前回の記事でお伝えしたようにダウンスイングでは腰がターンしてスイングをリードします。

ダウンスイングでの切り返しは下半身から行うということです。

 

ダウンスイングから左足を踏み込み、それにつられてウエートを左に移したら腰を回転させ、その腰回転に引っ張られる形になり肩、腕、手、クラブが下りてきます。

バックスイングで捻じったものを今度は下半身から捻じり戻すことにより合理的な動きになる。

 

飛距離を伸ばすためには下半身から切り返すことは基本です。

 

腰のターンでフィニッシュまで腰がスイングをリードしている感覚です。

腰のターンと言ったらこのようにイメージする方も多いのではないでしょうか?

 

「いきなりダウンスイングから腰をターンさせたら体が開いてしまうではないか?」

たしかにこれはあると思いますが、ダウンスイングで左足を踏み込むことが意識しなくてもできるようになると腰のターンを意識したほうがいいと思います。

 

ダウンスイングで左足を踏み込んでから腰をターンするという意識があると、自分の場合は目標方向へ体が突っ込んでいってしまうからです。

 

なので、最初は左足を踏み込んでから腰のターンでいいでしょう。

慣れてきたら左足の踏み込みは意識せずにできるようになるので、腰のターンだけ意識するといいでしょう。

 

腰のターンを意識することが飛距離アップの基本だと思います。

もちろん人それぞれ意識は違うと思いますが、自分なりの感覚を持つことが大事です。

僕の場合はダウンスイングで腰のターンでスイングをリードする感覚です。

腰を早くターンさせると体が開いてスライスが出るので腰は止めて腕を振りなさいというレッスンがよくありますが、これをやると結局手打ちになってしまいます。

 

また、ダウンスイングで早く右肩が前に出てきてしまうため、アウトサイド・インのカット軌道になり飛ばないスライスしか出ません。

 

腰をターンさせるから振り遅れるのではないです。

振り遅れの原因は他にあります。

 

まずは腰のリードを最優先に考えるべきだと思います。

そして、腰のリードに合わせて腕とクラブの振り方を覚える以外に最大の飛距離を出す方法はないでしょう。

 

なのでダウンスイング以降、腰を止めるような動きをしないことです。

これが飛ばしの基本となるダウンスイングの腰のターンでスイングをリードするという考え方です。
ローリーマキロイ選手のスイングをスローで見てみるとダウンスイングが腰のリードで始まっているのが分かると思います。

ダウンスイングで左足を踏み込んで体重が完全に左へ移ってから腰のターンが始まるのではないです。

 

ウエートシフト(体重移動)は単に左右の動きではなく、バックスイングで体が捻じりあげられそれをダウンスイングで捻じり戻す動きにより起こるわけです。

 

つまり左右への体重の移動は体の捻じりと捻じり戻しにより自然とできるということです。

 

完全に左足に体重を移してから腰をターンさせるという考えではウエートを横方向のスライドと誤解しています。これではスエーしてしまう。

ダウンスイングで体が目標方向へ突っ込むだけになり飛距離アップできません。

左右への体の揺さぶりになったら意味がないので正しいウエートシフトはバックスイングの体の捻じりあげとダウンスイングでの体の捻じり戻しにより勝手に生まれるものだと思っておきましょう。

 

ドライバー飛距離アップのために体をゴムのようにしならせて飛ばすコツ

体の捻じりあげと捻じり戻しを覚えるために体をゴムのように使うイメージも参考になるかと思います。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 -飛距離アップのダウンスイング, , , ,

  関連記事

飛ばしのダウンスイングは下半身から始まりヘッドが遅れて下りてくるが理想

  飛距離アップをするためにはトップで十分に体を捻じった後、ダウンスイングで下半身が先行し

振り遅れる感覚がダウンスイングでないと飛距離はいつまでたっても伸ばせない

中井学プロの遠くへ飛ばすために今回もレッスン動画を紹介します。 振り遅れることが遠くへ飛ばすために必

クラブをムチのようにしならせて飛ばすためには切り返しのタイミングを覚える

  今日も飛距離を伸ばすためのレッスンになります。 今回は切り返しについてです。 クラブを

no image

腰のリードで飛ばす動きを身につけるための練習は左手一本スイング

  飛距離アップのためには、やはりダウンスイングを腰のリードにより切り返すことが大事です。

300ヤード飛ばすには切り返しから長いものをしならせて振るイメージを持つ

300ヤード飛ばしたいという人は多いのではないでしょうか? 僕は今では300ヤードを飛ばせるようにな

飛ばしのゴルフはダウンスイングでタメを作るために左腰のリードで引っ張ってくること

飛距離アップのための動画です。 今回は切り返しで重たい倉庫の扉を引っ張って開ける動きを取り入れて 切

ダウンスイングは下半身から切り返し手は何もしないが最大飛距離を出す近道

  ダウンスイングの始動は下半身からスタート。 これが最大飛距離を出すためには必要です。

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式