*

パワーのたまったバックスイングからトップの形を作って飛距離アップ

      2020/05/16

ボールを遠くへ飛ばすためには体の捻転が必要です。

ゴルフのスイングは軸を中心とした円運動によるものです。

軸を中心として、体を右に左に回転させて行います。

 

この回転に引っ張られるように腕とクラブは遅れて振られることになります。

ゴルフスイングはそれぐらいシンプルな考え方を持つといいと思います。

 

そして、バックスイングでもこのスイング軸を動かすことなく肩を回転させていくのが基本ですね。

 

スイング軸は首の付け根にあると思います。

 

首の付け根を中心に肩を回すことができるとゴルフスイングはシンプルになります。

 

でもこれは人それぞれ体の筋力や柔軟性によって違いはあるものです。

 

肩を回すために首の付け根を中心の軸として考えることが難しい場合もあると思います。

でも、飛ばすためには基本にとらわれずにとにかく体を捻じりあげることが大事です。

バックスイングで頭を右へ動かしながら肩を回しているプロもいます。

 

そして右ひざはアドレスの位置をできるだけキープするように心掛けましょう。

このように右ひざを伸ばさずにアドレスの位置をキープしたままバックスイングすることにより体をしっかり捻転してパワーを貯めることができます。

 

頭を右足の上にずらしてバックスイングしたとしても右ひざがアドレスの位置をキープして曲がっていればスエーのしようがないため体をしっかり捻転(捻じる)ことができます。

 

このように肩を深く回せるようになって基本に忠実になると体を捻転させることができるので飛距離アップにつながります。

 

飛ばすためにはとにかくバックスイングで体を捻じることが大事ですね。

飛距離アップのためにはバックスイングで体を十分に捻じりあげることを最優先に考えましょう。

 

次にトップの形ですが

トップでは上半身と下半身がしっかり捻じれた状態で体の上下に回転差がついていることが大事です。

この回転差がないとパワーがたまりません。

たまったパワーをダウンスイングで放出させるための準備としてトップの形があります。

 

 

トップは単にクラブを上げた状態ではなくてダウンスイングで安定したスイング軌道、またパワーとスピードを生み出すための準備動作であることが大事です。

 

なので飛ばすための理想的なトップの形というのはシャフトが飛球線に平行で、シャフトが飛球線とクロスするように右を向いてしまったらダウンスイングでシャフトがループして極端にインサイドから下りたりしてしまいます。

または、逆にアウトサイドから下りてしまったりします。

こうなるとクラブをシンプルに振り下ろしてくることが難しくなります。

 

シャフトが飛球線に対してクロスしてないとしてもオーバースイングになってしまっている人は多いです。

 

この場合手首を必要以上に使いすぎている人が多いです。

なので手首は極力使わない(ノーコック)でバックスイングするぐらいの意識があるといいです。

 

右ひざを動かさずに、肩を回転して左肩がしっかりアゴの下に入るまで肩を回します。

そして体がしっかりとねじれた状態を作れれば自然にシャフトは飛球線に平行な位置に収まるのです。

これが理想的なパワーのたまったトップの形です。

 

このたまったパワーをダウンスイングで一気に放出することによりボールにパワーを伝えて飛距離アップを実現してくれます。

rty4y5y5

写真のようにしっかりトップの位置で上半身と下半身に差ができしっかり捻転されているのが分かると思います。

今回はパワーのたまるバックスイングからトップについてお伝えしました。

また、飛距離アップには欠かせない正しい捻転の作り方

も参考になるかと思います。

宮里勇作プロのバックスイングでの飛距離アップのための体の捻じり方を動画で解説しています。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 

 -飛距離アップのバックスイング

  関連記事

肩を深く入れてバックスイングが飛距離アップへの近道

バックスイングで上体を捻じりあげることが飛距離アップにつながるキーポイントであることを以前の記事でお

バックスイングで右ポケットを意識して飛距離アップするコツ

捻転力を使って飛ばしたい。   でも、体が硬くなり十分に捻転できないと飛ばせないのか? &

飛ばすためにバックスイングと切り返しでクラブをしならせる上げ方とは?

今回はドラコンプロの南出選手の飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 今回は飛ばすためのバックスイング

バックスイングで背中の筋肉をしっかり捻じることで今よりもっと飛ばせる

  今回の動画では背中の大きな筋肉を使って飛距離アップするための方法を紹介しています。 飛

カリーウェブ選手の飛距離アップのコツはバックスイングで筋肉をゴムのように伸ばす

  それでは今回もカリーウェブ選手の飛距離アップのコツを紹介したいと思います。 &nbsp

南出プロの飛距離アップはノーコックでバックスイングをし、切り返しのクラブの慣性でコックが入る

  ドラコンプロで有名な南出選手のレッスンになります。 飛ばすためのバックスイングとインパ

飛ばしのパワーを貯めるバックスイングにおける正しい体の捻転の仕方

  ボールを遠くへ飛ばすために飛ばしのバックスイングについてです。   バックス

飛距離アップのためにバックスイングで腰を回す意識を消すための方法

今回はドラコン選手の安楽プロによる飛ばしのレッスンを紹介します。 テークバックの上げ方について解説さ

バッバ・ワトソン飛ばしの秘訣はノーコックでスイングアークが大きくなること

  今回は2014年のマスターズ覇者であるバッバ・ワトソン選手の飛ばしの秘訣に迫りたいと思

バックスイングで右ひざが粘ることで捻転力が生まれ飛距離アップを可能とする

バックスイングでパワーと貯めるためには右ひざを動かさないことが大事です。 バックスイングの始動からだ

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式