*

飛ばすためにバックスイングと切り返しでクラブをしならせる上げ方とは?

      2020/05/16

今回はドラコンプロの南出選手の飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。

今回は飛ばすためのバックスイングの上げ方について動画で解説されています。

腕を使ってクラブを上げるのではなくて体の中心を意識してバックスイングをすることによりシャフトのしなりを生かして飛距離アップすることができます。

バックスイングのクラブの上げ方ひとつで腕の力を使わずにシャフトのしなりを生かすスイングにより飛距離アップが可能となります。

動画の女性のヘッドスピードと飛距離アップがそれを物語っていますね。

 

 

いつも通りバックスイングを上げていくと手だけで上げてしまっている人がたくさんいると思います。

 

手だけでバックスイングを上げている人は女性ゴルファーに多いですね。
手だけでひょいっと担ぎ上げるようにバックスイングを上げている人をあなたも見かけたことがあると思いますがこれでは体をしっかり捻転することが出来ませんので、ヘッドスピードは上がりませんし、当然インパクトでは球に体の力を伝えることができないので球が飛ばないのは当然のことです。

 

手から始動してバックスイングをすると肩の回りが浅くなりますし、手で下してしまうことになります。

 

なので、飛ばすためにはまずはバックスイングで手は使わないことです。

なるべく手を置いておいたまま体の中心からクラブを上げていきます。

 

それが足からでも肩からでもいいのでクラブを置いたまま体でバックスイングを上げていきます。

 

この手を置いたままというのは、バックスイングで体幹を使ってクラブを上げていくという事です。
そうすることによって、アドレスからテークバックの始動時にスイングをスローで再生したらわかると思いますが、シャフトがしなっているのを確認できます。

ご自分のスイングを動画で撮影する機会がある場合はぜひ、シャフトがしなっているかを確認してみてください。

 

またこのようにバックスイングすることで、体にクラブが巻き付くようになります。

 

そして、切り返しの時にもう一度クラブが体に巻きつくようになります。

 

動画で解説されている通りで、バックスイングで体にクラブが巻き付くように上がっていき、さらにダウンスイングでも体にまたクラブが巻き付くように下りてくるわけです。

 

手だけで上げてしまったら体が回りません。

なのでなるべく体の中心からバックスイングを上げていくことです。

するとなめらかなスイングになりますし、ヘッドスピードも上がっていきます。

 

 

飛ばしたければ手は使わずに体の中心が回ってクラブがそれに巻き付いてくるイメージです。

 

ゴルフスイングで大事なことは手でクラブを上げるのではなく、体の回転によってクラブを上げていくこと。
そしてこれは誰もが分かっていることですが、なかなか実践できている人は少ないというのが現状です。

特に女性ゴルファーの場合は極端に少ない。

 

そして、このバックスイングの上がり方もそうですが、スイング自体がでんでん太鼓のイメージですね。

 

体幹を使って、胸を右へ向けるように体の中心からあげることによりクラブが巻き付き切り返しの時にもう一段階クラブが体に巻きついてくれます。

 

このようにバックスイングを変えただけでも、動画の女性のヘッドスピードが42から44に上がっていますね。

 

まさにシャフトのしなりを生かして飛ばしたいという方にお勧めですね。

手に力を入れるのではなくて逆に手の力を抜いて体の中心でクラブを上げることです。

 

体の中心でクラブを上げていくこと、そしてダウンスイングでしっかり腕の前腕をローテーションすることで、捕まった強い球を打てるようになります。

 

クラブをギュっと握ってしまったらクラブヘッドが動きません。

 

握る筋肉と手首を動かす筋肉は一緒です。

 

なのででんでん太鼓のイメージで力を抜きます。

 

例えば金づちがいい例ですね。

金づちをぎゅっと握ると手首を使って振ることができません。

なので、金づちでものを打つときのようなイメージで、手首は柔らかく使う事をお勧めします。

迷ったらとにかくクラブは軽く握ることが重要です。

 

力いっぱいクラブを握りしめてもいいことはないです。

 

ゆるく握った方がいいことだらけと思ってください。

ヘッドスピードも上がるし、無駄な力を入れることがないので正しいスイングプレーンをクラブが通過しやすくなります。

 

これはどのドラコンプロも言ってることですね。

飛ばしたければクラブは柔らかく握るということです。

 

というわけで、今回の内容は以上になります。

最後にあなたが飛距離をもっと簡単に伸ばしたいという場合、

170センチしかない小柄な体型な僕でも280~290ヤードを楽に飛ばしている詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシのゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

 

 -飛距離アップのバックスイング

  関連記事

飛ばしのパワーを貯めるバックスイングにおける正しい体の捻転の仕方

  ボールを遠くへ飛ばすために飛ばしのバックスイングについてです。   バックス

カリーウェブ選手の飛距離アップのコツはバックスイングで筋肉をゴムのように伸ばす

  それでは今回もカリーウェブ選手の飛距離アップのコツを紹介したいと思います。 &nbsp

バックスイングで背中の筋肉をしっかり捻じることで今よりもっと飛ばせる

  今回の動画では背中の大きな筋肉を使って飛距離アップするための方法を紹介しています。 飛

強く遠くへ飛ばすトップの形は野球のスローイングの形と同じ

飛ばしに必要なトップでの体の捻じりについて前回と前々回に渡り説明してきました。 バックスイングで右ひ

肩を深く入れてバックスイングが飛距離アップへの近道

バックスイングで上体を捻じりあげることが飛距離アップにつながるキーポイントであることを以前の記事でお

バッバ・ワトソン飛ばしの秘訣はノーコックでスイングアークが大きくなること

  今回は2014年のマスターズ覇者であるバッバ・ワトソン選手の飛ばしの秘訣に迫りたいと思

バックスイングで右ひざが粘ることで捻転力が生まれ飛距離アップを可能とする

バックスイングでパワーと貯めるためには右ひざを動かさないことが大事です。 バックスイングの始動からだ

飛距離アップのためにバックスイングで腰を回す意識を消すための方法

今回はドラコン選手の安楽プロによる飛ばしのレッスンを紹介します。 テークバックの上げ方について解説さ

バックスイングで右ポケットを意識して飛距離アップするコツ

捻転力を使って飛ばしたい。   でも、体が硬くなり十分に捻転できないと飛ばせないのか? &

頭と左肩をボールから遠ざけるバックスイングで飛距離アップ(マキロイの形)

    トップの形が理想的なものが理解できないとかぶったトップの形になってしまい

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式