*

飛ばすためのスイング軸は体の中心からぶらさないことが大事

      2020/05/16

飛距離アップのために大切となるスイングの軸について解説されています。

ドラコンプロの南出選手が意識している飛ばすためのスイング軸についてです。

 

体の中心で回ったほうが速く回るので軸を体の中心からブラさないことが大事だと南出選手は言います。

 

常に体の正面、中心で回るように意識していると南出選手は言います。

では、その体の中心を軸にして飛ばすためのスイング軸の解説を紹介したいと思います。

 

 

今回は飛ばすためのスイングの軸について。

 

スイング軸は飛ばすために非常に重要となります。

南出選手の場合は動画で解説されているように、スイング軸を飛ばすために重要視しているという事。

 

とくに多いのがバックスイングで右に乗る、そしてフォローで左へ乗る。

 

つまり無駄に体重移動を意識して軸が左右にブレてしまうという人が多いので、これでは昔のパーシモン時代のドライバーなら打てましたが、今の大型ヘッドのドライバーでは方向性が安定しないフェースが開いてインパクトしやすいという事もあり、南出選手は体重移動の意識は持たないことを言っているのだと思います。

 

ただ、南出選手の場合は軸はセンターから動かさないと言います。

軸が右へずれる、左へずれるということは手元がずれることになります。

 

確かに軸が左右にズレてしまうことで、
手元もズレてしまいますので、インパクトが安定しません。
これではスイングの再現性が低くなりますし、ドラコンだからと言っても、方向性を無視していては何球打ってもまともに狙ったところに飛ばないスイングではドラコンで活躍することはf不可能です。

 

 

体の正面で回ることができると手が体の中心を通るのでヘッドを走らせることができます。

 

そして、その練習方法として動画で解説されているのがクラブを背中に担ぐという動き。
そこから前傾してアドレスの姿勢を取り軸を意識して回転するという事です。
肩がしっかり回転するようになります。

 

肩だけを回してセンター回転するのではなくて、足、胴回り、肩を目標に向けて体を回転させることがポイントとなります。

 

右ひざを伸ばしてバックスイング

 

南出選手の場合は右膝を伸ばしてバックスイングすることをお勧めされています。
飛ばすためにいかに捻転を深めるかを考えてこのように右膝を伸ばすという動きを取り入れるようにしたのだと思いますが、僕はあまり右ヒザを伸ばしながらバックスイングすることはおすすめしません。

右膝を伸ばしてバックスイングすることによって、左足にトップで重心が乗ってしまいギッタンバッコンのスイングになっている人が多いからです。
基本的に右ヒザといのはアドレスの緩やかに曲がっている状態をキープした方がスイングの再現性は高まります。

 

それではバックスイングです。

この時に胴も肩も同じ方向を向きます。

そして、ダウンスイングで戻ってきて今度は逆に左ひざが伸びて胴も足も反対の方向を向きます。

 

これを繰り返し練習します。

 

右、左、右、左、というようにやってみましょう。

 

動画で解説されているように行ってみるといいですよ。

 

ただバックスイングで右膝を伸ばすというのは、向き不向きがありますのでその辺はあしからず。

 

そして、このドリルを行っているときに注意点として、体がグネグネしないようにしましょう。

 

体がクネッてしまったら、ドリルを行っている意味がないですからね。

 

 

また、南出選手は股関節から体を折ってしまったら体がグネグネ動いてしまいますので必ずそうならないために骨盤から前掲するようにするという事を推奨されています。

 

そして頭はセンターに保って足を動かすように言われています。

これは間違いなく軸を感じながらデンデン太鼓のイメージを作るためにおすすめですので、実践してみてください。

 

軸を意識して体のセンターで打つ意識を持つことで南出選手は飛距離アップができると言います。

言葉が少ないため理解に苦しむ人もいると思いますが、

要はここで重要なことは軸ブレしない正しい動きを身につけましょうという事です。

スイング中に軸がぶれてしまう人は参考になるかと思います。

 

今回は飛距離アップのために軸ブレしない正しい動きを身に着けるためにご紹介しました。
あなたがこれから飛距離アップを目指される場合は参考にしてみてください。
もちろん「そんなことわかっているよ」という場合は、他にも飛距離アップに特化してこのサイトでは色々と飛距離アップのノウハウをお伝えしているのでお楽しみに。
また、さらに詳しい飛距離アップの方法はメルマガでお伝えしています。

 

簡単に飛距離アップできる詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

無料メルマガ

メルマガではブログに書けない飛距離アップの方法を教えています。

 -飛距離アップの基本

  関連記事

飛距離アップのための体重移動、スイング軸とクラブの回転の一致

  飛距離アップのコツとして体重移動をしっかり行うことについて解説しています。 体重移動が

ぞうさんの鼻のイメージでクラブに振られることが飛距離を伸ばす

飛距離アップを期待するならクラブに振られることが大事だと中井学プロは言ってます。 イメージとしてはク

飛距離アップするためにインパクトで体をボールの右側に残す

  ドライバーの飛ばしのレッスンについてです。 今回はティーチングプロの上村さんによるレッ

素振りのようなイメージでボールに当たり勝手に飛ぶスイング作り

  今回の動画では動けば勝手に当たるというスイングの実践編になっています。 正しくグリップ

下半身、腰、上半身の3段階に分けて飛距離アップを考える

  こちらの動画では飛距離アップの3つのポイントについて解説されています。 今回飛距離アッ

飛距離を伸ばすためにはスイング軸を意識しましょう

飛距離アップのポイントパートⅡとして解説されています。 パートⅠはこちらで紹介しています。 この動画

ドライバーの飛距離を伸ばすためにはグリップは緩く握る

  ゴルフで飛距離アップについて10個のパートに分けて解説しています。 今よりも少しでも飛

飛ばしの軸回転はバックスイングを腰からスタート

  今回は飛距離アップについてスイング軸が上下左右にぶれないための意識することについてです

ドライバーを1拍子でスイングして飛距離アップする

今回の動画ではヘッドスピードが上がる1拍子スイングについてです。 スピードアップするためにはよくあり

飛距離アップには欠かせない正しい捻転の作り方

  ドライバーの飛距離アップの方法について宮里プロが解説してくれています。 飛距離アップに

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式