*

ドライバーの飛距離を伸ばすためにはグリップは緩く握る

      2020/05/16

 

ゴルフで飛距離アップについて10個のパートに分けて解説しています。

今よりも少しでも飛距離を伸ばしたい場合は参考になると思います。

 

飛距離アップをするためには様々な要素があります。

 

でも、今回はその飛距離アップの基本部分について紹介します。これを10個のテーマに分けて1つとしてグリップについて解説しています。

 

飛距離アップをするためには必ずグリップは緩く握ります。すごい飛ばし屋の方でグリップを強く握っている人はいません。

必ずゆるくグリップしています。そして、緩く握った中でスイングすることが大切です。

例えばアドレスでグリップを強く握ってみます。

グリップを強く握ってしまうと腕と肩に力が入って強くなってくるのが分かります。

 

そしてこの状態でスイングするとスピードは速いようですがクラブのタメとかが全くなくなってしまいます。

なので結局飛ばなくなってしまいます。

逆にグリップを緩いままにして握ってみます。

そうすると構えもちからがぬけていい感じになりますし、ヘッドが走るようになります。

というわけで飛距離アップのためにはクラブはできるだけゆるく握ります。

クラブが飛んで行ってしまいそうなぐらいの感じに握るということですね。

 

また誰かにグリップを持ってもらったらねじれそうでねじれないような力感です。

あどれすではこれぐらいゆるいグリップでアドレスすることがおすすめです。

 

次のポイントとしては緩くグリップしたその力感をスイング中にずーっと緩いままでフィニッシュまで行くということです。

 

ここで強く握ってしまうポイントを何点か紹介します。

 

まずはアドレスで緩く握り、バックスイングの始動のはじめで強く握ってしまいがちです。

 

なのでこのバックスイングの指導の瞬間に強く握らないようにします。

もう一つはバックスイングでコックをするときです。

 

バックスイングで腕が引っ張られてコックをするときに「クッ!」っと手元に力が入りがちです。

次にトップに行ったときです。

 

バックスイングでトップに行った時もグリップは緩いままをキープすることです。

そして、次は切り返しからダウンの時ですね。

 

 

ダウンでも力を入れて握らないようにしましょう。

最後にインパクトでも強く握ってしまいがちです。

 

なのでインパクトでも強く握らないようにします。

グリップを強く握ってしまったらその力の動きで体の回転を止めてしまうことになります。

 

体の回転を止めてしまったら飛ばなくなります。

なので飛距離アップのためにグリップは強く握らない。

 

ゆるゆるの状態で握りバックスイングからフィニッシュまでの数々の力を入れてしまいがちなポイントをクリアして最後まで緩く握ることを意識しましょう。

 

まずはこのようにグリップを緩く握ってショットの練習をしてみましょう。

 

この練習をするときにはあまりボールの行方を気にする必要はないです。

 

ボールの行方は気にしなくていいので意識はグリップに集中するようにします。

アドレスからフィニッシュまでずっとグリップを緩く握れているかをチェックしながら練習します。

あなたがグリップに力を入れているのであればまずは脱力して緩く握ることを考えてみましょう。

 

ゴルフをもっと上達したいならブログには書けないゴルフ簡単上達の方法をメルマガでお伝えしています。

無料メルマガ

メルマガではゴルフ上達のレポートもプレゼントしています。

 -飛距離アップの基本

  関連記事

ぞうさんの鼻のイメージでクラブに振られることが飛距離を伸ばす

飛距離アップを期待するならクラブに振られることが大事だと中井学プロは言ってます。 イメージとしてはク

飛距離アップするためにインパクトで体をボールの右側に残す

  ドライバーの飛ばしのレッスンについてです。 今回はティーチングプロの上村さんによるレッ

飛ばすためのスイング軸は体の中心からぶらさないことが大事

飛距離アップのために大切となるスイングの軸について解説されています。 ドラコンプロの南出選手が意識し

飛距離アップには欠かせない正しい捻転の作り方

  ドライバーの飛距離アップの方法について宮里プロが解説してくれています。 飛距離アップに

飛ばしの軸回転はバックスイングを腰からスタート

  今回は飛距離アップについてスイング軸が上下左右にぶれないための意識することについてです

ドライバーを1拍子でスイングして飛距離アップする

今回の動画ではヘッドスピードが上がる1拍子スイングについてです。 スピードアップするためにはよくあり

飛距離を伸ばすためにはスイング軸を意識しましょう

飛距離アップのポイントパートⅡとして解説されています。 パートⅠはこちらで紹介しています。 この動画

素振りのようなイメージでボールに当たり勝手に飛ぶスイング作り

  今回の動画では動けば勝手に当たるというスイングの実践編になっています。 正しくグリップ

下半身、腰、上半身の3段階に分けて飛距離アップを考える

  こちらの動画では飛距離アップの3つのポイントについて解説されています。 今回飛距離アッ

飛距離アップのための体重移動、スイング軸とクラブの回転の一致

  飛距離アップのコツとして体重移動をしっかり行うことについて解説しています。 体重移動が

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式