*

飛距離アップのための体重移動、スイング軸とクラブの回転の一致

      2020/05/16

 

飛距離アップのコツとして体重移動をしっかり行うことについて解説しています。
体重移動がしっかり行われていなければ飛距離アップを望むことが出来ません。

全ての動きにおいて体重移動というのはつきものです。
例えば歩くのでも右、左、右と体重は移動します。

ボールを投げる時も右足に乗って左足に乗る。

テニスでボールを打つ時も右足に乗って左足に乗る。
野球のバッティングでも右足に乗って左足に乗る。
このように全てにおいて体重移動が行われます。

でも、ゴルフの場合はボールが止まっているのでそれが難しくなります。

なので体重移動がしっかりできない場合は意識的に体重を行うようにしましょう。
飛ばしには体重移動が必要です。

バックスイングで右に乗りフィニッシュで左に乗る。

フィニッシュで右足は支えているだけです。
では、逆のバーションとしてもしもバックスイングで左足に乗って、

ダウンスイングで右足に乗ったら?

クラブが飛球方向へ動こうとしているのに腰が逆に動いてしまっているので力が伝わりません。

なので体重移動はトップスイングの時に右、フィニッシュで左へ乗るようにしましょう。

ここで体重移動で気を付けたいことですが、

バックスイングで右に乗せようとして早く体重を移動してしまうと
結果的にダウンスイングの前に体重が左へ戻ってしまうことになります。
そういうことがないように回転運動で徐々に体重が右に乗っていく感じが大事です。
そして、今度は徐々に体重がダウンスイングで左へ乗っていく。

体重移動は飛距離アップのための基本となりますので、ぜひとも意識せずできるようになりましょう。

 

 

次にスイング軸とクラブが動く方向であるスイングプレーンについてです。

スイング軸とクラブが動くスイングプレーンが一致しないことには飛距離アップが望めないという。
スイング軸は背骨になります。

後頭部から、背中、腰を通った一直線の棒をイメージするのがスイング軸です。
このスイング軸が回転する方向とクラブが動く方向が一致することが大事です。
これが飛距離アップに大切な要素となります。

良くあるパターンとしては、アドレスで構えが立ちすぎてしまっていて

体はスイング軸を中心に回転しますが、状態が立ちすぎているのでクラブは低い位置(地面から近いところ)で回転するのですが、それができないので腕で上げて下すという動きを入れすぎてしまいます。
見た目は一見良さそうに見えますがスイング軸の回転に対してクラブの回転が一致していません。
つまりスイング軸とクラブの回転方向が一致していないことになります。
こうなると速くスイングすることが出来ません。

というわけで、スイングの軸に対して動く動きとそれに振られるクラブが同じ方向に動くことが飛ばしに必要となります。
では、どうしたらいいのかですが

地面に対してまっすぐに直立した状態でクラブが地面と平行にし

体を回転させるとスイング軸とクラブの回転が一致します。

同じ方向に回転することが出来ます。
そして、これに前傾を深める(しゃがむ)ことによりゴルフスイングになります。
また、バックスイングと同じように逆に回転することによりフィニッシュの形になります。
こうすることによりスイングスピードが上がりヘッドスピードが上がるため飛距離アップにつながるということです。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップの基本, ,

  関連記事

飛距離アップするためにインパクトで体をボールの右側に残す

  ドライバーの飛ばしのレッスンについてです。 今回はティーチングプロの上村さんによるレッ

飛ばしの軸回転はバックスイングを腰からスタート

  今回は飛距離アップについてスイング軸が上下左右にぶれないための意識することについてです

飛ばすためのスイング軸は体の中心からぶらさないことが大事

飛距離アップのために大切となるスイングの軸について解説されています。 ドラコンプロの南出選手が意識し

飛距離を伸ばすためにはスイング軸を意識しましょう

飛距離アップのポイントパートⅡとして解説されています。 パートⅠはこちらで紹介しています。 この動画

飛距離アップには欠かせない正しい捻転の作り方

  ドライバーの飛距離アップの方法について宮里プロが解説してくれています。 飛距離アップに

ドライバーを1拍子でスイングして飛距離アップする

今回の動画ではヘッドスピードが上がる1拍子スイングについてです。 スピードアップするためにはよくあり

ぞうさんの鼻のイメージでクラブに振られることが飛距離を伸ばす

飛距離アップを期待するならクラブに振られることが大事だと中井学プロは言ってます。 イメージとしてはク

下半身、腰、上半身の3段階に分けて飛距離アップを考える

  こちらの動画では飛距離アップの3つのポイントについて解説されています。 今回飛距離アッ

ドライバーの飛距離を伸ばすためにはグリップは緩く握る

  ゴルフで飛距離アップについて10個のパートに分けて解説しています。 今よりも少しでも飛

素振りのようなイメージでボールに当たり勝手に飛ぶスイング作り

  今回の動画では動けば勝手に当たるというスイングの実践編になっています。 正しくグリップ

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式