*

飛ばしの軸回転はバックスイングを腰からスタート

      2020/05/16

 

今回は飛距離アップについてスイング軸が上下左右にぶれないための意識することについてです。

まずはスイング中に軸が上下に動いてしまう場合です。

バックスイングで左肩が落ちてインパクトで伸びあがってしまう。
次に左右に軸がブレている場合は回転はしているのですが正しい回転ではありません。

なので軸が上下、左右にブレてしまうと軸回転が速く行えません。

回転が速くできないということはヘッドスピードも上がりません。

つまり飛ばしに必要不可欠なヘッドスピードがないので飛びません。
なのでまずはどうしたらいいのかですが、

スイング中に軸が上下左右に動かしてしまう場合、

バックスイングの時に左肩が落ちて右腰が伸びあがりになります。
左肩が落ちて右腰が伸びるため、フィニッシュで伸びあがっていってしまいます。

見た目は体は回転しているようですが、実は回転していません。

また、左右に軸がブレる場合はバックスイングで右に上体が動いてしまいます。
クラブを極端にインサイドへ引いてしまう人がこの傾向が強いです。

クラブが早くにインサイドへ移動してしまうので軸が左右にブレてしまいます。
なのでスイング軸がブレないように軸のまま回転できるようにしましょう。
バックスイングで軸が上下左右に動いてしまったらインパクトも安定しません。
バックスイングで軸をブレないようにすることがその後のスイングに大きく影響してきます。

バックスイングではアドレスしてから正しく軸回転しましょう。
構えてからバックスイングで左肩を下に落とさず、また上体を横へ動かさず背骨を中心とした軸で回転することです。
正しい回転の練習として胸にクラブを当て軸回転の練習をしてみましょう。

この感覚をスイングにそのまま採用します。

トップスイングまできれいに軸回転ができていればフィニッシュまでそのままきれいに軸回転ができます。

 

 

 

次に飛距離アップのポイントとして腰の引く力のみでスイングをする方法についてです。

まず腰のみでというのはどういうことなのかというと、

アドレスした時に動くものは腰だけです。
上体はアドレスで当然リラックスしています。
体は腰が動けば体(上体)も動きます。

これがとても重要となります。
なのでバックスイングで上体全部を回そうとするのではなくて

どちらかというと回転と言うよりもアドレスした右足の形を変えないようにバックスイングで右腰を後ろに引く感じです。

そうすることにより上体も回転してクラブはトップスイングの位置に上がっていきます。

バックスイングでクラブをどうのように引いてトップまで上げていくとか細かいことを考えるのではなくて、腰を引く力によって手元がトップまで上がっていくというわけですね。
これができるようになるとバックスイングで右腰を引く力のみで上体と手元を動かすことが出来ます。
そして、クラブが動かされてトップまでクラブが上がっていきます。

感覚としてはバックスイングで右腰が先に動いて回りきってから送れてクラブがトップの位置に収まる感覚です。
また、クラブがトップに上がりきる前に切り返すこともできます。

これも腰を使って切り返します。

というわけで、飛ばしに大切となる腰の動きをバックスイングで意識して取り入れるようにしてみましょう。
バックスイングの動きの順番を腰からスタートさせて上体が動くということを意識することで飛ばしの腰の動かし方が分かるようになります。
アドレスしたらバックスイングは腰の引く力のみで上げていきます。

そして、ダウンスイングでは左腰の引く力によって切り返します。

手元から動くのではなくバックスイングで腰から動いてダウンスイングで腰から動くというのを意識しましょう。
バックスイングで右腰を引く力で上げていき、ダウンスイングで左腰を引く力でクラブを下していくということですね。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップの基本, , , , ,

  関連記事

下半身、腰、上半身の3段階に分けて飛距離アップを考える

  こちらの動画では飛距離アップの3つのポイントについて解説されています。 今回飛距離アッ

ドライバーの飛距離を伸ばすためにはグリップは緩く握る

  ゴルフで飛距離アップについて10個のパートに分けて解説しています。 今よりも少しでも飛

飛距離を伸ばすためにはスイング軸を意識しましょう

飛距離アップのポイントパートⅡとして解説されています。 パートⅠはこちらで紹介しています。 この動画

ぞうさんの鼻のイメージでクラブに振られることが飛距離を伸ばす

飛距離アップを期待するならクラブに振られることが大事だと中井学プロは言ってます。 イメージとしてはク

飛距離アップのための体重移動、スイング軸とクラブの回転の一致

  飛距離アップのコツとして体重移動をしっかり行うことについて解説しています。 体重移動が

飛距離アップには欠かせない正しい捻転の作り方

  ドライバーの飛距離アップの方法について宮里プロが解説してくれています。 飛距離アップに

飛距離アップするためにインパクトで体をボールの右側に残す

  ドライバーの飛ばしのレッスンについてです。 今回はティーチングプロの上村さんによるレッ

素振りのようなイメージでボールに当たり勝手に飛ぶスイング作り

  今回の動画では動けば勝手に当たるというスイングの実践編になっています。 正しくグリップ

ドライバーを1拍子でスイングして飛距離アップする

今回の動画ではヘッドスピードが上がる1拍子スイングについてです。 スピードアップするためにはよくあり

飛ばすためのスイング軸は体の中心からぶらさないことが大事

飛距離アップのために大切となるスイングの軸について解説されています。 ドラコンプロの南出選手が意識し

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式