*

インパクトで左脇が締まる感覚が分かると飛距離が飛躍的に伸びる

      2020/05/16

 

ゴルフで飛距離アップをするためには、ダウンスイングからインパクトにかけて左脇の締まりを感じる必要があります。

 

左脇の締まりを感じることができないという場合、左脇の締まりが甘いためおそらくスライス系の弾道になっているはずです。

 

ボールをしっかりたたいて飛ばすためには腕を活用することが大事です。

 

左腕も大事ですが、右腕も大事です。

飛ばすためには両腕を活用してあげることが大事。

 

ダウンスイングからインパクトを通過してフォローに行くわけですが、この時に左脇が締まってないと右腕や右手をいくら使ったところでボールにパワーを伝えることはできません。

 

では、左脇が締まってないというのはどういったことなのか?

 

それはよくありがちなフォローで左ひじが引けるスイングになっていることを言います。

 

左ひじが引けて逃げてしまうのでボールにパワーを伝えることができないのです。

 

では、なぜ左ひじが引けてしまうのか?

それはクラブフェースをボールに直角に当てに行こうとする意識がそうさせます。

クラブフェースをきっちりボールに当てに行こうと意識することによってインパクト直前から左ひじが逃げてしまう。

そして左脇が開いてボールにパワーを伝えることができません。

 

ではどうして左ひじが逃げてしまって左ひじの引けたインパクトになる人が多いのか?

よくレッスンや雑誌などに書かれていたり言われていることに影響されてしまっている部分もあると思います。

 

それは、「ダウンスイングでタメを作るためにクラブを遅らせる」というものがとらえ方を間違ったことによりこのように左ひじの引けを起こしてしまうのです。

 

タメを作ろうとすると多くの人の場合、右プッシュします。

そうなると右プッシュが嫌なので今度はプッシュしないようにフェースをボールに直角に当てるように意識してしまう。

こうなるので左ひじが引け左脇が開いてボールに力を伝えることができないのです。

 

左脇が締まったスイングをするためにはどうしたらいいのか?

 

僕はまずクラブフェースをボールに対して直角に当てに行くという意識を捨てることが一つだと思います。

 

気持ち的にインパクトは通過点。

その通過点のフェースの向きの管理は自然にスクエア(ボールに対して直角に当たる)ということ。

ボールに対してフェースを直角に当てに行くのではなくて、勝手に直角になって当たってくれる。という意識に変える必要があります。

 

次に左脇の締まったスイングをするためにはクラブヘッドを目標に向かって放り出すようなイメージを持つことです。

 

このイメージがあるとインパクトからフォローにかけて腕よりもクラブヘッドが先行してクラブへヘッドが走り左脇が締まった感覚がわかってくるからです。

 

つまりインパクトのイメージはクラブヘッドが左腕よりも先行して先にボールをたたいているイメージです。

 

この感覚が分かると左脇がしっかりと締まりヘッドスピードアップにつながりボールが飛びます。

 

左脇を締める感覚というのがどうしてもわからないという場合はこんなドリルを行ってみてください。

 

アドレスした状態からバックスイングを行わずにほんの少しテークバックをしてそこから腕だけでクラブをフォローに向けて振ります。

この時の注意ポイントとして左肩は全く動かすことなくです。

 

これを体感したら分かると思いますが、左ひじはどうですか?

まったく逃げないし、引けてないと思います。

 

左脇も締まっていることに気付くと思います。

 

このドリルを行うことにより左脇の締まりの感覚がわかってきます。

これがスイング中にできるようになると、あなたのドライバーの飛距離は確実にアップしますし、右へのプッシュアウトスライスは消えます。

 

右に出てそのまま右のOBに吸い込まれていたスライスの弾道が変わります。

右へ出て左へ曲がりながら目標へ向かって飛んでいく強い弾道のドロー系の球筋へと変わっていきます。

 

左ひじが引けるスイングの場合、左脇もそうですが左肩にも注意を向けてみるといいです。

インパクトで左肩が上に上がって右肩が下がるためインパクトでフェースがスクエアに戻らず開いて当たっているため右プッシュが出る。

 

左肩が上がることにより左脇は締まりません。

そして、左脇が締まらないため左ひじが引けます。

体というのはスイング中連動しています。

一つが狂ったらほかの部分も狂ってきます。

インパクトで左肩が上がらないようにスイングしてみましょう。

 

すると、左脇を締める意識がなくても勝手に左脇が締まって強くボールをたたいている感触を得ることができると思います。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ上半身, , , , ,

  関連記事

ドライバーで芯喰いインパクトで飛ばすための秘訣

    ドライバー飛距離アップのために芯を喰うための上半身の動きについて解説され

小田孔明プロに学ぶ飛ばしに必要な右手の押し込み

  ドライバー飛ばしのポイントは右手の押し込みにあると小田孔明プロは言ってます。 &nbs

I・H・ホ選手の飛ばしの秘訣は左腕を伸ばしたまま使うこと

ドライバー飛距離アップのために、今回はI・H・ホプロの飛距離アップの秘訣を紹介します。  

ミスを減らし安定して飛距離を出すための左一軸スイングのコツ(左肩リード)

  クラブの芯で高い確率でボールをヒットさせるための方法について解説しています。 ゴルフス

右ひじを上手く使って飛距離を伸ばす方法(タメの作り方)

今回は飛ばすための右ひじの使い方についてです。 飛ばす人に共通しているのが右ひじの使い方が上手だとい

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式