*

ヒールアップで体が硬くてもしっかり飛ばすダウンの下半身の動き

      2020/05/16

 

飛ばしたいのであれば体重移動を積極的に使ったほうがいいという考え方からです。

 

ただし、体力がなくなってきた方は大きくしすぎてしまうと土台がぐらついてミート率が悪くなって逆に飛ばなくなってしまいます。

 

なのであくまでもスイングは回転を重視すること。

 

手元が胸の前から外れないイメージを持って振ります。

長いクラブほど太い軸をイメージして体重移動はその軸の範囲内にとどめることが大事です。

その後はゆっくりと大きく回転させるといいです。

 

体重移動をさせないと思うと、トップで左足に体重が乗ってこれではパワーが伝わりません。

wery43y34y4354

写真のように体重移動をさせないと思ったらトップで左足に体重が乗ってしまう。

 

 

また、体重移動をしすぎると右サイドが流れてしまって、体重移動をした意味がなくなってしまいます。

erty3y5y54

写真のように体重移動をしすぎてしまうと右ひざが流れてしまい右足裏がめくれてしまいます。

 

まずは、クラブを胸の前でもって上体だけを回転させることです。

 

これが基本になります。

y5y5y5y5

ここから下半身がぐらつかない程度に体を左右に動かしていくことにより理想的な体重移動をすることができます。

 

体重移動はしますがスタンスの範囲内で振ることが大事です。

多くの方が体重移動を意識することでトップまで体重移動し続けるという間違いを犯しています。

 

こうなると動きすぎてしまうのでミート率が下がります。

 

なのでトップでは右サイドのかべをキープして右足1本で立つイメージが必要ですね。

 

そして、トップで右足に体重を乗せたらインパクトまでは左へ移動します。

 

ゆっくりすることによりこの動きは難しくないはずです。

 

 

トップで左足カカトを上げて、インパクトでは踏み込みます。

 

この単純な動きによりリズム良くスイングすることができます。

 

左足かかとを上げるタイミングを「1」とし、踏み込むタイミングを「2」とカウントして打つことにより毎回同じリズムで打つことができます。

 

これにより打ち急ぎのミスの後でもゆっくりとカウントすることによってミスを繰り返す可能性が低くなります。

 

 

また、ベタ足だと手打ちになる恐れがあります。

よく言われることですが、方向性を重視するスイングではベタ足。

 

これを推奨することがありますが、でもそれは短いクラブだったり、体が柔軟で筋力を持っている人の場合で、ドライバーのように長いクラブでは体が硬い人は特にベタ足で打つと手打ちになってしまう可能性があります。

 

体重移動、体の回転のパワーを使えずにこれでは飛ばすことができません。

 

なのでそんな方でもできる飛距離アップのテクニックとしてヒールアップ打法がおすすめです。

 

でも、あまり大げさにすると下半身の土台がグラついてしまいますので両ひざの高さを変えないように意識することでスイングリズムもとりやすくなり、飛距離アップにつながります。

 

年齢を重ねて体が硬くなってきたという場合はちょっと練習すればこの動作は簡単に取り入れることができます。

 

 

ヒールアップの動きを取り入れるためには下半身の土台をしっかりして、アドレスではひざをいつも以上に曲げて内ももを締めることが大事です。

image

写真のように下半身をどっしりさせて安定させる必要があります。

 

ヒールアップとダウンの動きの中でも左右のひざを結んだラインはアドレスの時のように極力地面と水平に保つように心がけることです。

image

image

 

左足の伸び上がりは体力がない方の場合あおり打ちになってしまうので注意しましょう。

 

rwty34y34y5

 

このようにヒールアップを取り入れることによって体が硬い場合でもちょっと練習することによりスイングに簡単に取り入れられます。

 

そして、飛距離アップにつながりますので取り組んでみるといいかと思います。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ下半身, , ,

  関連記事

石川遼選手の飛距離アップのための右軸安定の練習方法

今回は石川遼プロの飛距離アップのポイントに迫りたいと思います。   ドライバーでビックキャ

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

飛距離アップに必要なダウンスイングで右足カカトを浮かせて踏ん張る動き

  飛距離アップのための右足の使い方について動画で解説しています。 ジュニアの女の子を始動

no image

飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし

飛ばしの極意!クラブを速く振るための腕を体の近くに通す方法

  飛ばしの秘訣として今回はびっくりするほど体が速く動く方法について解説しています。 体を

藤田寛之プロに学ぶ強弾道で遠くに飛ばすスイングとは?

今回は藤田寛之プロの飛ばしのコツを紹介したいと思います。   藤田寛之プロの飛ばしの理論は

ドライバーの飛距離を伸ばす足の使い方、右足かかとを粘る動き

  飛距離を伸ばすために 右足の使い方についてです。 体が左へ突っ込んだり、下半身がブレて

ブランコの振り子の要領で飛距離アップ!クラブを加速させる下半身の使い方

ドライバー飛距離アップのために今回もそのコツを紹介したいと思います。   飛ばせる力の出し

回転力をアップして飛距離アップするために、左足つま先を開く

  今回は飛距離アップのための回転力を上げる方法についてです。   ある程度中上

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式