*

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

      2020/05/16

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。

前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイングで今度は左足を踏むことにより腰が回転するということをお伝えしました。

飛距離アップのためには腰は回す意識を持たない

 

 

 

今回の内容も引き続き腰を回す意識を持たずに勝手に回るようにするための足の踏込について解説されている動画です。

より明確に飛距離アップのための足の使い方が分かると思います。

 

では、内容に入ります。

 

~~ここから~~

40代ゴルファーなど年齢が上がることで、

下半身が衰えてくることがあります。でも、もっともっと下半身を使うことにより飛距離アップすることは可能です。

下半身をもっと積極的に使ってクラブを動かすことが大事です。

では、具体的にどういったことかというとゴルフはアドレスをします。

ドライバーショットのアドレスでテークバックをしてトップスイングに行ったときには腰が右に回ります。

そして、ダウンスイングに入ると腰は横回転しながらボールにコンタクトします。

 

ボールにコンタクトした後も腰は横回転しながらフィニッシュに向かいます。

そこで飛ばすためにはよく腰のキレとか言いますが、安楽プロの中でスイング中腰を右、左に回すイメージはほぼ0に近いです。

 

テークバックで腰を右に回す意識はなく少しの重心移動と右足の踏込により結果的に腰が右へまわります。

 

右足の踏込と重心移動をすることによりクラブは勝手に上がります。

右足を踏み込むことによって腰が回るのです。

今度はダウンスイングで右足を踏んだのだから今度は左足を踏みます。

 

そうすることで上に上がったクラブを下に踏み込んだ力によって、

一気にインパクトに戻ります。

 

そして、大事なのがボールに当たった後に腰を回し続けると車で言うところのスピンアウトになってしまいます。

 

なので、ダウンスイングで左足を下に踏んだらあとはフィニッシュまで左足を踏み続けるイメージを持つことです。

 

そうすることによってクラブは上に行き、力は下に行きます。

 

そして、結果的に腰は回ります。

 

この動きを分かりやすく体験するためにアドレスで両足を閉じて構えて右のかかとを上げてみてください。

 

次にテークバックをすると同時に右のかかとを下に踏みながらあげてみてください。

そうすると腰は回ります。

次に左のかかとが上がりますので今度は左のかかとを踏み込みながらクラブを振ってみましょう。

すると腰は勝手に回ります。

足を交互に踏むことによって腰は横に回転します。

 

つまり腰を横に回転させるために足はピストン運動のように上下に使っています。

アドレスで構えた時にグリップの部分に10の力があると思ってください。

テークバックした時に右脚を踏むことによって下に5、上に5と力が分散されます。

 

次にダウンスイングで左足を踏み込むことによって上と下に分散していた10の力が戻ってきます。

10の力が戻ってインパクトして後に今度は10の力を全部上に持っていくのではなくて、今度は下に5、上に5ぐらいのイメージで振ってもらうことによって腰は横に回転させるのではなくて、足を縦に踏み込んで使うことによって腰が横に回転することが分かると思います。

~~ここまで~~

これが飛距離アップのための足の使い方だと安楽プロ言っています。

飛ばすために腰は回転させるイメージを持たないということですね。

 

飛ばそうと思ったら腰を一生懸命に回したくなりますが、足の踏込をすることにより飛ばすための腰のキレが自然に生まれるということを安楽プロは伝えたいのだと思います。

 

この足を閉じて両足を交互に踏んでスイングする練習で飛距離アップの腰の動きを掴みましょう。

また、この両足の踏込の練習になれてきたらスイングテンポを良くする練習も取り入れてみるといいでしょう。

ドライバーを1拍子でスイングして飛距離アップする

これも安楽プロの飛距離アップのためのレッスンとなるので参考にしてみてください。

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

スイング中の前掲角度をキープして飛距離アップする練習方法

ゴルフの飛距離アップにはミート率の向上は欠かせないと思います。 いくらスイングスピードが速くてもミー

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

体の軸を中心に飛ばすためのスイングにキレが生まれる練習

飛距離アップのために、今回は体の軸を中心に鋭く回転して振りぬくレッスンを紹介します。 このドリルを行

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

飛ばしの秘訣!タイミングよくインパクトするための練習方法

これまでドラコンプロである安楽プロの飛ばしの秘訣について解説してきました。 いよいよ今回が最終章とな

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式