*

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

      2020/05/16

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。

そのためにはトップで上半身の動きを封じて手打ちを矯正する練習がおすすめです。

 

下半身のリードでダウンスイングを始めて腰のターンでクラブを振りぬく感覚を素振りで身につけてもボールを前にしたらまた手打ちに戻ってしまう人がいます。

 

この場合に効果的な練習方法を紹介します。

 

クラブは何番でもいいのでトップの体勢をつくったら誰かに左の肩を押さえてもらいましょう。

 

そうすることにより上半身は動きません。

 

また、下半身もほんの少ししか動きません。

 

ほんのわずかに下半身の動きが先行して上半身と腕、そしてクラブがワンテンポ遅れて切り返すことができるとそこからはフィニッシュまで腰のターンによってスイングをリードしていきます。

 

トップで左肩を誰かに押さえてもらい下半身を動けるだけ動かしたら左肩を押さえてもらっている手をパっと離してもらいます。

 

そうすることにより腰のターンでフィニッシュまでクラブをスムーズに振りぬくことができます。

 

この練習をした後ボールをすぐに打つと手打ちの感覚がなくなります。

 

手打ちを矯正して飛距離アップするために、まとめると

 

1、クラブは何番でも良いのでトップの体勢を作る

2、パートナーにトップの体勢で左肩を押さえてもらう

3、上半身は不動で下半身をいけるところまでターンする

4、押さえてもらっている左肩の手を離してもらう

5、腰のリードでスイングをフィニッシュまで行う

 

この1~5を繰り返し行うことにより手打ちに感覚を矯正することができます。

嫌でもダウンスイングを腰のターンで行う感覚を体感することができます。

 

腰のターンでスイングをリードするのが飛ばしに必要な感覚ですが、多くの人は腰のターンによる下半身リードを意識するとクラブが振り遅れインパクトでフェースが開いてプッシュアウトやスライスが出る場合が多いです。

 

この場合、ダウンスイングで絶対に左脇を開けないことを意識します。

 

腰のターンでダウンスイングをリードすることで右へのプッシュアウトに悩む場合、ほとんどの人がダウンスイングで左ひじが目標方向を向く形になります。

 

そして左手甲が空を向くためフェースが極端なインサイドから下りてくるのです。

 

フェースが極端に開いた状態になっているのでインパクトするとボールがすっぽ抜けて右プッシュするのは当然のことです。

 

でも、左脇をしっかり締めておくと左ひじが地面を向きます。

 

ダウンスイングで上半身と腕とクラブが腰のターンでワンテンポ遅れて下りてくることによりクラブヘッドはインサイドから下りますが左脇をしっかり締めておくと左ひじは地面を向きヘッドを極端なインサイドから下りてくることもなく、フェースが開いてしまうこともありません。

 

なので腰のターンでスイングをリードするためには左脇の締まりが重要です。

 

左脇を開けずにクラブを振り下ろすことによりスイング軌道が安定します。

そして、飛距離と方向性の両方を手に入れることができます。

 

次回は飛ばすためにダウンスイングでタメを作るための手首のコックについてです。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。 バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

誰でも簡単にできる効果的な素振りで飛距離アップ

  どうにかして飛距離を伸ばしたいという方は多いと思います。 今回も飛距離アップに悩んでい

no image

下半身リードで飛距離アップするための右手のグリップを外した練習方法

前回左手一本でのスイングで下半身のリードを感じ取る練習を紹介しました。 飛距離アップのためには下半身

でんでん太鼓の要領でヘッドスピードを上げ、飛距離アップする藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロのドライーバー飛距離アップのレッスンとして動画を紹介いたします。   そ

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式