*

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

      2020/05/16

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。

飛ばすためには腰は回すという意識ではなくて切るという意識を持つということですね。

この練習をすることにより腰を切る動作が身についていきます。
ゴルフは回転運動だと思っていると腰を回すことに意識が向きますが、実は腰は回すのではなくて勝手に回るという意識を持った方がいいのです。

では、実際に300ヤードの法則として腰を切る動きの練習内容に入っていきます。
まずはクラブを持たずに前傾します。

両腕をだらんと垂らしてアドレスの体勢を整えます。
そこから右腰を後ろに切り上げるようにして右サイド全体を斜め後ろに引き、左サイド全体を前に突き出すようにします。
これがバックスイングの体を捻じる動きになります。

決して腰を回しているわけではないです。

でもこの腰を切り上げる動きをすることで勝手に腰は少し回るのです。
次に左腰全体を後ろに切り上げるようにして左サイドを斜め後ろに引き、右サイド全体を前に突き出すように動かします。
これがダウンスイングの動きになります。

それではこれを続けてやってみましょう。
右腰を切り上げてバックスイング。

次に左腰を切り上げてダウンスイング。
これが腰を切って体を捻じってスイングする動きになります。
では、実際にあなたもやってみましょう。

クラブを持たないのでどこでもできますね。
クラブを持たずに両腕をだらんと垂らして前傾します。

アドレスの体勢に入ります。

そこから右腰を斜め後ろに切り上げて左サイドを突き出します。
これがバックスイングの動きになります。

今度は左腰を斜め後ろに切り上げながら右サイドを前に突き出します。
これがダウンスイングの動きになるのです。

ゴルフスイングは腰が回っているように見えますが、実は腰は回すのではなくて勝手に回るのです。

そのため回転運動に見えるのです。
腰は回すのではなくて、勝手に回る。

腰を切る動きによって勝手に腰は回るようにできています。

人間の体はこのようにできているのです。

それを無理に腰を回そうとするので失敗します。
例えばこんなことをしてみてください。
先ほどのように両腕をだらんと垂らしてアドレスの体勢を作ります。

クラブを持たずに両腕をだらんと垂らした状態から左右に両腕を上げてみてください。
左右に両腕を上げることによって自然と腰が回転してるのが分かりますね。
これがゴルフスイングの動きになります。

腰を回そうとすると回転運動の意識が強くなるのでインパクトゾーンが狭くなります。

インパクトゾーンが点でしかないため、ボールを長くフェースで押すことが出来ないのでショットが安定しないのです。
そして、ボールを長く押すことが出来ないのでボールも飛んでくれません。

左ひじのひけた苦しいフォローになって軌道はスライスばかりです。

右腕でしゃくりあげる打ち方になっている人は多いですよね。

ゴルフで右腕を積極的に使っている人は多いです。

でも、ゴルフは左腕でするスポーツなんです。右腕を使っているとスイングはよくなりません。

 

ゴルフを回転運動だと思って腰を回すことに意識を向けて練習するとゴルフはよくなりませんし、いつまでたっても飛距離アップはできませんので、腰は回すのではなくて、勝手に回る。という意識を持つようにしましょう。

 

 

そして、腰を切るこの練習を普段から取り入れることによりゴルフは腰を回すものではなくて勝手に回るものだという感覚が身に付くと思います。

 

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

スイング中の前掲角度をキープして飛距離アップする練習方法

ゴルフの飛距離アップにはミート率の向上は欠かせないと思います。 いくらスイングスピードが速くてもミー

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。 バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動

ドライバー飛距離アップのために体をゴムのようにしならせて飛ばすコツ

  飛ばしのためには前回の記事でお伝えしたように体を速く回転させた方がヘッドスピードを上げ

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

飛ばしの秘訣!タイミングよくインパクトするための練習方法

これまでドラコンプロである安楽プロの飛ばしの秘訣について解説してきました。 いよいよ今回が最終章とな

ダウンスイングでクラブを立てて下して飛距離アップする方法

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。  

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式