*

スイング中の前掲角度をキープして飛距離アップする練習方法

      2020/05/16

ゴルフの飛距離アップにはミート率の向上は欠かせないと思います。

いくらスイングスピードが速くてもミート率が悪いとミスショットになりますし、ボールは思うように飛んでくれません。

飛ばすためにクラブを速く振ることを考えることは悪いことではありませんが、その前にまずはボールをしっかりインパクトするためにミート率を上げる必要があります。

 

この動画ではミート率を上げて飛距離アップする方法について紹介されています。

いくらヘッドスピードが速くてもミート率が悪ければボールは飛んでくれません。

 

逆にヘッドスピードが遅くてもミート率が高いとボールは飛んでくれますし、女子プロゴルファーがヘッドスピードがそれほどなくてもボールがよく飛ぶ理由はやはりミート率が高いことが挙げられます。

 

なので飛距離アップにミート率はとても密接な関係があると思っていいでしょう。

効率よくボールを飛ばすためにはミート率を上げること。

 

ミート率というのは自分が持っているパワーをボールに最大限伝えるという事ですね。
そこで、ミート率を上げるために一番重要となるのがスイング中にアドレスでできた前傾角度を変えないことです。
アドレスでできた前傾角度をスイング中キープすることが大事です。
ボールにうまく当たらなかったり、もしくは強い球が出ないという場合は
スイング中に前傾角度が変わってしまっている可能性が高いです。
前傾角度がアドレスの時よりインパクトで伸びあがってしまってスイングしています。

これがミート率の低い人に共通しています。

 

ゴルフ初心者の方の多くは前掲角度が伸び上がってインパクトしているのでミート率が悪い他にもミスショットに繋がります(アイアンのダフリやトップ)
そこで、伸びあがってインパクトしないために注意点としまして、アドレスでできたお尻の位置が変わらないようにスイングすることです。
例えば壁にお尻をつけて壁からお尻が離れないように意識しながらスイングします。
このように前傾角度をキープしてスイングできるようになるとミート率が自然と上がってきます。
そして、前傾角度をキープしてスイングすることにより自然と力強いインパクトを作ることが出来るようになります。

 

打ちっぱなし場などで練習するときにはゴルフバックを壁の代わりにゴルフバックをお尻につけてスイング中にお尻がゴルフバックから離れないように練習するといいですね。

 

プロのスイングを見ると前掲角度が崩れずインパクトまでしっかり前掲角度がキープされています。

あなたも飛距離アップのためにまずはアドレスの前掲角度をキープしたままスイングできるように練習してみましょう。

 

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ練習方法, ,

  関連記事

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

誰でも簡単にできる効果的な素振りで飛距離アップ

  どうにかして飛距離を伸ばしたいという方は多いと思います。 今回も飛距離アップに悩んでい

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

飛ばしの秘訣!タイミングよくインパクトするための練習方法

これまでドラコンプロである安楽プロの飛ばしの秘訣について解説してきました。 いよいよ今回が最終章とな

でんでん太鼓の要領でヘッドスピードを上げ、飛距離アップする藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロのドライーバー飛距離アップのレッスンとして動画を紹介いたします。   そ

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式