*

でんでん太鼓の要領でヘッドスピードを上げ、飛距離アップする藤田寛之プロの教え

      2020/05/16

今回は藤田寛之プロのドライーバー飛距離アップのレッスンとして動画を紹介いたします。

 

それでは動画の内容に入っていきますね。

~~ここから~~

飛距離を伸ばすために練習で注意するポイントがありますので紹介します。

 

1、スイングプレーンを安定させる

2、スイング中フェースをスクエアに保つこと

3、効率よく回転運動を行い遠心力を最大に生かすこと

 

今回この3つのポイントに着目して飛距離を伸ばすための方法を紹介しています。

エネルギー効率を上げるためにはスイングプレーンが大切だということです。

具体的にスイングプレーンというと難しいのですが、アドレスした時の腰の辺りから下を意識ます。

このようにスイングプレーンというのはアドレスした時のクラブに沿った面のことを言います。

fyrey34y55

この面を正しく沿ってクラブを下すことができると理論的にボールはストレートボールになります。

ちなみにターゲットラインに対して完全にストレートになるのが理想ですがそれは難しいので、ドロー系の球筋を目指すならば目標の若干右を向きます。

また、フェード系の球筋を目指すならその反対で目標の若干左を向きます。

 

まずは自分なりの癖をつけて自分なりのプレーンを作ることが大事だと藤田プロ入っています。

 

素振りの時も球を打つ時もこのスイングプレーンをなぞるように意識して練習しましょう。

スイング中は体の回転運動によってこの面をなぞるようにします。小手先の力に頼ることはしないようにしましょう。

このようにスイングプレーンをなぞることができるようになると次にフェースをスクエアに保つことが必要になってきます。

 

スイングプレーンを安定させるためにはヘッドカバーなどを左わきに挟んで練習するといいです。

7番アイアンでティーアップをしてハーフスイングでボールを打つ。

 

この時ですが手先だけで打ってしまったら方向性が悪くなってしまいます。

スイング中はグリップエンドがおへそを指すようにして体の回転で打つように心掛けることが大事です。

次に7番アイアンでなれてきたらドライバーやショートウッドでもいいので練習してみましょう。

この練習を繰り返すことにより自分なりのスイングプレーンが身についてきます。

インパクトでフェースをスクエアに閉じることが大事ですが、この意識が強いと手打ちになりやすいです。

 

しかし、この開いて閉じる動きはワイパーの動きと同様にインパクトが一点になります。

そのため、開いて当たると右へ曲がるし閉じて当たると左へ曲がります。

なのでできるだけ自分の体の正面でとらえてどこで当たってもスクエアなところでインパクトを迎えるようにするのです。

 

また、スイング中にフェースをスクエアに保つためのドリルとしまして、テニスラケットでボールを打ってみるといいです。

 

ラケットの面を体に対して常にスクエアに保ちます。そして、小手先の力ではなくて体の回転で打つことがポイントです。

フェースを閉じたり開いたりするのではなくて、常に体に対してフェースをスクエアに保つようにしましょう。

最初は右手、そしてそれができたら今度は左手でも打ってみましょう。

さらに目標に対してストレートなラインを引きそれを狙って打ってみるのもいいですね。

この感覚をスイングに取り入れることができるようになるとフェースをスクエアに保つことができるようになるのです。

次に回転運動に関してですが、おもちゃのデンデン太鼓の要領で回転します。

 

でんでん太鼓のように体の軸があって体が回転することによって、肩からクラブまではでんでん太鼓の紐だと思って、腕に全く力を入れることなくパワーを伝えることが理想です。

このでんでん太鼓のようにスイングするためにはアドレスが重要になると藤田寛之プロは言っています。

そのために、下半身を安定させて上半身をリラックスさせます。

 

アドレスが決まったら、体が軸を中心に回っているかを意識します。

鏡の前などでシャドースイングをすることによりこれが分かりやすいです。

動画で藤田寛之プロが行っているように鏡の前でシャドースイングをしてみましょう。

 

注意するポイントは下半身を安定させて軸をなるべくブラさないようにしてシャドースイングを行います。

トップの位置で左右の肩の位置を入れ替えるようにするのがポイントになります。

 

また、この時に軸を背骨にすることにより実際にスイングするときにスムーズな回転運動がしやすくなります。

軸を体の前に持ってくると自然な回転運動がしづらくなるので注意しましょう。

 

 

まずはシャドースイングでボールを打たずに自分に覚え込前ることが大事だと藤田寛之プロ入っています。

 

でんでん太鼓のイメージでゴルフのスイングに取り入れます。

これが大事です。

 

でんでん太鼓の動きがヘッドスピードを上げるコツになります。

それは本体を回すことで糸が遅れてくるように、これがゴルフのヘッドスピードアップにつながります。

肩から手の先までできるだけ力を抜いて回転運動により腕が振られる感覚を養います。

そして、ダウンスイングで遅れてきた腕が振られてヘッドが走ってタメのあるスイングを産むことになるため飛距離アップが可能となります。

 

藤田寛之プロが言うようにでんでん太鼓をイメージして練習してみましょう。

~~ここまで~~

 

今回は飛距離アップのために藤田寛之プロの飛距離アップの理論に迫ってみました。

また、藤田寛之プロの強弾道で飛ばすためのコツについても参考になるかと思います。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

no image

下半身リードで飛距離アップするための右手のグリップを外した練習方法

前回左手一本でのスイングで下半身のリードを感じ取る練習を紹介しました。 飛距離アップのためには下半身

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

振り切る方向を変え体の回転力を増して飛距離アップする練習方法

スイングにキレを増して飛ばすためのレッスン動画です。 以前スイングにキレを増すための自分から見た時の

ダウンスイングでクラブを立てて下して飛距離アップする方法

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。  

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

体がキレてボールが飛び出す飛距離アップのコツはハの字に振りぬくこと

  面白い練習方法を紹介します。 このドリルを実際に意識してやると飛距離が伸びました。 &

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式