*

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

      2020/05/16

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。

脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学プロ。

 

実際にどのように飛距離アップするのかということを解説しているので参考になるかと思います。

 

それでは動画の内容に入っていきます。

 

 

~~ここから~~

 

軽く振ったほうが飛ぶというアドバイスがよくあると思います。

その軽くというのは何を意味するのか?

 

それは腕の脱力ですね。

 

例えば腕を使ったアークを大きくしたスイングは飛ぶと言われていますが腕を使って大きく飛ばそうとすると実際にはそれほど飛んで行かない。

 

ドライバーやフェアウェイウッドというのは実際には飛ばすクラブというよりも飛んでしまうクラブ。

 

勝手に飛んで行ってくれるクラブを考えたほうが良いと中井学プロ言ってます。

 

つまり勝手に飛んでくれるクラブなのでそれほど目くじら立てて大きく振ろう振ろうとしなくてもいいのです。

 

動画の中で中井学プロがドライバーでアプローチのようなスイングで200ヤード以上飛ばしています。

 

実際にスイングアークを大きくするために腕を大きく使おうと思わなくてもこのように小さいアプローチのようなスイングで200ヤードは飛んでくれます。

 

このようにコンパクトな動きでも腕が体の近くを通って回転してくれるので球がつかまるし飛んでくれるのです。

 

ドライバーの長さや反発力に任せてあげることによりボールはしっかり押せて飛んでいきます。

 

これは結局スイングを意図的に小さくしているのではなくて、アプローチのようにクラブの力が働いてくれるのでボールが芯に当たってくれる確率が上がりクラブも緩やかな軌道を描いてくれます。

 

あとはこれから体の回転するスピードを増やしていくことでドライバーも飛距離が200から220、240、260と伸びていくのでまずはドライバーでアプローチを打つ感覚で練習することが将来的に飛距離アップにつながるスイングを見つけることができると中井学プロは言ってます。

~~ここまで~~

 

ゴルフは腕の力で振るのではなくて、腕は脱力でスイングすることが飛距離アップには欠かせないポイントです。

 

この腕を脱力する意味でのスイングを作るために動画のようにドライバーでアプローチのような感覚でスイングするといいですね。

次回も中井学プロの腕を脱力して飛距離アップする方法を紹介します。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 -飛距離アップ練習方法

  関連記事

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。 バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

no image

下半身リードで飛距離アップするための右手のグリップを外した練習方法

前回左手一本でのスイングで下半身のリードを感じ取る練習を紹介しました。 飛距離アップのためには下半身

メンコを使って自宅で簡単に飛距離アップする右手の使い方が分かる練習方法

それでは、今回も飛距離アップのためのトレーニング方法を紹介したいと思います。 今回はゴルフのスイング

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式