*

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

      2020/05/16

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。

バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動きにより飛距離を伸ばすことになります。

 

飛ばそうと思って腰を一生懸命に回している人がいますが、それでは体を捻じってパワーを貯めることができません。

今回はその捻転差で飛ばすための練習として体幹のトレーニングの動画を紹介します。

動画にあるように長い棒を肩に担いでバックスイングしてダウンスイングでは捻転差をキープしたまま腰の平行移動からダウンスイングをスタートさせることにより捻転差をキープしたまま右肩が前に出るのを我慢することができます。

 

動画のように長い棒をゴムバンドで柱につけて肩に担ぎ、普通にスイングするようにバックスイングします。

肩が90度回った時点でおなか周りがパンパンになります。

 

この90度ひねることによって体幹を使うことになります。

 

そしてダウンスイングではベルトのバックルを正面に戻すようにして両ひざを水平に動かします。

この時に右ひざが前(ボール方向)に出てはいけません。

また、左足の小指側に体重が乗るようにします。

この時に左足のかかと側に体重が乗ってしまったらアウトです。

腰が引けてしまい前傾が起きてしまうことになりますし、また肩が早く開いてしまいます。

 

コツとしては動画にあるように腰を水平移動してベルトのバックルが左足の内もものあたりまで移動します。

こうすることにより左足の小指側に少し体重が乗ることになります。

 

そしてここから背骨を軸にしてくるんとまわります。

 

この時に気を付けてほしいのが体が飛球方向へ突っ込まないようにすることです。

 

バックスイングしてダウンスイングで腰を回転させるのではなくて、まずは腰の平行移動です。

 

この時に両ひざの位置がそろっていることが大事です。

右ひざが前に出てもだめですし、左ひざが突っ張ってもだめです。

 

上半身は右肩の付け根が顎に触れるか振れないかぐらいまで左頬を残しておきます。

 

バックスイングしたら下半身(腰の平行移動)から左の頬を残して、一気にくるんとまわります。

アドレスの時に軽く顎を引いて腹直筋をしっかり伸ばします。

そして背骨を締め付けるような感じにします。

飛距離を伸ばすためにはダウンスイングでいきなり腰を回転させないことです。

 

このブログでは何度もお伝えしているようにダウンスイングで腰をいきなり回転させる人がほとんどです。

 

そのため、スイングが回転運動になってしまって飛距離が出ません。

また、方向性もばらけてしまいます。

 

ダウンスイングのポイントは、手元は何もしないこと。

そして、腰の平行移動で切り返しがスタートすることです。

 

これを守って練習することによりおのずと飛距離が伸びてきます。

 

体の軸を中心に飛ばすためのスイングにキレが生まれる練習

 

スイングにキレを持たせるためには腕を一生懸命振ってボールにアタックするのではなくて体の捻転を意識することです。

腕は脱力、極端な話バックスイングからトップに上がったらクラブを離してクラブがストーンと下に落ちてしまうぐらいの力感がいいです。

そうすることにより腰から切り返す意識を持ちやすくなります。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする方法はメルマガ限定で教えています。

無料メルマガ

メルマガではブログには書けない飛距離アップノウハウをお伝えしています^^

 

 -飛距離アップ練習方法

  関連記事

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

ボールを飛ばすために必要な腰のキレを鍛える練習方法

  今回は腰のキレを増して飛ばすための方法について動画で紹介しています。 ハーフショットを

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

メンコを使って自宅で簡単に飛距離アップする右手の使い方が分かる練習方法

それでは、今回も飛距離アップのためのトレーニング方法を紹介したいと思います。 今回はゴルフのスイング

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式