*

飛距離アップを考えるなら体は大きく使わなず手元を小さく使う

      2020/05/16

 

今回は男性向けの飛距離アップのレッスンを動画で解説してくれています。

最近は若手のゴルファーで多いのが体をものすごく使って振っていくのですが

実は体を大きく使うことによってクラブは遅れてしっかり振れていません。

なので逆に飛ばしたければ手打ちで打った方がいいという事です。

手打ちと言ってもただ単に体を止めて手で打つのではなくてしっかり体は正面を向いて捻転を使って飛ばしていきます。
イメージとしては体の芯が真ん中にいてクラブが振れるというイメージです。

このクラブが打とうとすることによって逆に下りてこなくなります。

このイメージがあるとわかりやすいかと思います。

大きく体を使って振るのではなくて体の芯を固定してクラブヘッドを走らせるために手元を一生懸命使わないということですね。

飛ばしたいという思いが強くなると体を大きく回転させたり積極的に腕を振ることに意識が向いてしまったりするものです。
そうなるとクラブヘッドは逆に下りてこなくなります。

クラブヘッドを走らせるためには逆に手元は大きくではなくて小さく使うイメージが大切ですね。
クラブヘッドが行きたい方向に走ってくれます。

手元を大きく使うとクラブヘッドが行きたい方向ではなくて自分の力でクラブヘッド振りぬきの方向を変えてしまうことになるのでヘッドの重みを感じて振ることが出来ませんし、フォローでクラブヘッドに引っ張られる感覚も得ることが出来ません。

飛ばすためにはクラブヘッドにもう少し仕事をさせてあげるぐらいのイメージがあると力が抜けて振りぬきも良くなってきます。

なのでもっと積極的にクラブヘッドに仕事をさせましょう。

 

そうすることによりヘッドスピードも上がってくれますし、手元を大きくではなくて小さく使うことによってミート率もアップします。

 

体を回すという意識が強いとゴルフスイングが分からなくなってきます。

飛ばすためにはもっと腰を早く回転するとかレッスンでも良く言われるかもしれませんが、腰を回せば回すほど肩は早く開いてクラブは遅れて下りてくるわけですね。

振り遅れの原因にもなります。
なので福嶋さんが言ってるように体を大きく回転させるのではなくて、体の回転を抑えることによって手元が小さく動くのでクラブヘッドが走る。

 

飛ばすためにバックスイングで大きく腰を右へ回転させて、ダウンでは左腰を回転させてという意識が強いとやはり振り遅れて右に弱弱しいスライスになってしまったらそれを嫌がって手首をインパクトの瞬間に急激にこね上げて今度は左へひっかけなんてことになりますので、飛ばす意識の中で体を大きく回転させるイメージを持つと振り遅れのタダノドアスイングになってしまいますので注意しましょう。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ考え方

  関連記事

no image

ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

伊澤プロ流飛距離アップのために必要な腹筋を使って飛ばす方法

  今回は伊澤プロ流の飛距離アップのポイントについて紹介したいと思います。 伊澤プロは言い

スイング中は頭を積極的に動かすことが飛距離アップに必要な動き

  飛距離を伸ばすための方法として今回はドラコンプロの安楽選手のレッスンになります。 安楽

飛距離アップのためのスイングの考え方「当たるスイング」に変える

今回は飛ばしのためのスイングの考え方について紹介します。     ドラコンプロの

卓球のドライブの動きを取り入れて飛距離アップ!ドライバーの飛ばしテクニック

パー5やフェアウェイが広いホールではやはり飛距離を出して飛ばしたいところですね。 飛ばしたい場面では

イ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣は切り返しで力まないこと

    今回はイ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣を紹介したいと思います。 &nbs

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

  今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。   「最近体が硬

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

藤田光里プロの飛距離アップの秘訣は左ひざと右ひじにある

  今回は女子プロの中でも飛ばし屋の藤田光里プロの飛ばしの秘訣に迫りたいと思います。 &n

飛距離アップのコツはインパクトではなくフィニッシュに向かって振る

飛距離アップのためにインパクトに向かって振るのではなくてフィニッシュに向かって振ることを解説されてい

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式