*

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

      2020/05/16

 

今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。

 

「最近体が硬くなって捻転がきつくなってきたな~」という場合でも参考になるのではないでしょうか。

年齢を重ねると体が次第に固くなっていきます。

体が硬くなっても飛ばせる方法となりますので、ゴルフを続けていくには知っておきたい内容ですね。

それでは内容に入っていきます。
~~ここから~~

まずは一つ目として手首のコックを最大限に使ってクラブヘッドを効率よく加速させるという事です。

効率よくヘッドを動かすことが重要になってきます。
コツとしまして、バックスイングの始動の時にまずは手首からコックをスタートします。
手首のコックからスタートすることがポイントです。
腰の右にきたあたりでコックは90度になっていることがポイントですね。

そして、体は回るところまででOKですね。
次に左手の親指にしっかりシャフトが乗ってからダウンスイングをしたーとします。
また、フォローでもバックスイングと同様にしっかりコックを使うことがポイントです。

フォローで手首が伸びてしまったらヘッドは加速しません。
フォローで手首が伸びないように意識してコックを入れるようにしましょう。

スイング中に手首のコックを上手く使うことによって体が回っていなくてもヘッドスピードを加速させることが出来るのです。

手首のコックが上手く使えていないという場合は試してみるといいですね。

次にもう一つのポイントとしてバックスイングで左足のかかとを上げるヒールアップがおすすめです。
ヒールアップをすることにより体の回転不足を補うことが可能となります。
また、ダウンスイングでは左足のかかとを下す動きからスタートしてみましょう。
そうすることで体重をボールに乗せてスイングすることができます。
コックとヒールアップをタイミング良く行うことにより体が硬い場合でも飛距離アップにつながります。
体が硬いから飛距離をあきらめる必要はなく、固いなりに飛距離アップする方法があるのです。

~~ここまで~~
ゴルフは体の柔軟性が高い方が飛距離には有利ですが、このように手首のコックとヒールアップを使うことによって柔軟性を補って飛距離アップすることは可能です。

 

シニアの方などは体が硬くなり飛ばなくなったという場合でもこのように飛距離アップすることは十分に可能ですので試してみるといいですね。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ考え方, ,

  関連記事

ボールに意識を向けるのではなく目標に意識を向けることが飛距離アップに欠かせないポイント

  安楽プロによる飛ばすための秘訣になります。 今回も前回に引き続き安楽プロの飛ばしの秘訣

ドライバー飛ばしのコツはボールに当てに行くのではなく当たるスイングを見つけること

  では、最下点のおさらいです。 クラブを振る前にクラブというのは丸く動くイメージです。

卓球のドライブの動きを取り入れて飛距離アップ!ドライバーの飛ばしテクニック

パー5やフェアウェイが広いホールではやはり飛距離を出して飛ばしたいところですね。 飛ばしたい場面では

飛距離アップのために正しいバックスイングの上げ方と重心移動

それでは、今回も安楽プロの飛ばしのコツについて 前回までの流れはこちら 飛距離アップのための正しいア

飛距離アップのコツはインパクトではなくフィニッシュに向かって振る

飛距離アップのためにインパクトに向かって振るのではなくてフィニッシュに向かって振ることを解説されてい

藤本佳則プロ飛ばしの秘訣はフォローに向けてクラブをリリースすること

今回は藤本佳則プロの飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 以下藤本佳則選手のドライバーショットの映像

ボールに当てに行くと飛ばない、素振りのスイングで飛ばすためのポイント

  素振りの時はきれいに振れているのにボールを前にするとぎこちなくスイングしてしまうという

飛距離アップのためにフィニッシュで両足太ももをくっつける(インパクトは通過点)

  今回はフィニッシュについて解説されています。 前回まではダウンスイングからインパクトで

藤田光里プロの飛距離アップの秘訣は左ひざと右ひじにある

  今回は女子プロの中でも飛ばし屋の藤田光里プロの飛ばしの秘訣に迫りたいと思います。 &n

有村智恵プロの飛距離アップのコツはフェースの下目でアッパーブローでインパクト

  飛距離アップのポイントとして今回はドライバーのフェースのどこに当てると飛ぶのか?という

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式