*

ボールに当てに行くと飛ばない、素振りのスイングで飛ばすためのポイント

      2020/05/16

 

素振りの時はきれいに振れているのにボールを前にするとぎこちなくスイングしてしまうという場合はなぜか?

ゴルフ初心者は特に多いミスですね。

ほとんどの人が素振りでは良くても実際にボールを前にするとぎこちないスイングで飛距離をロスしてしまっています。

 

それは、「打ちたい」という一心からボールに当てて終わりのスイングになっていることが原因です。

 

これでは、飛距離アップは望めません。

 

なのでインパクトは通過点という考え方に変える必要があります。

 

 

そして、その先のフォローまで意識を持っていくことによりシャープなスイングができるのです。

 

ボールに当てるまでの意識が強かったりすると飛距離は望めません。

 

いまのクラブ(ドライバー)は重心距離が長いため、切り返しで力が入ってしまったら、ヘッドが暴れてしまいます。

 

そうなるとひっかけやすくなります。

 

なので切り返しからダウンスイングの途中までは力を入れずにスーッと動かします。

 

この段階ではまだ助走のイメージを持っておく必要があります。

 

そして、クラブが時計の8時から4時あたりにきてから力を入れるようにするのです。

 

イメージとしては8時から4時あたりにクラブがきたらドーン!という感じで。

 

 

クラブが8時あたりにきてからならどんなに力を入れても大丈夫です。

 

しっかりシャープに振れるのでフィニッシュできっちり止まって立つことができます。

 

切り返しからインパクトで力が入るとシャープに振ることができずにバランスを崩してフィニッシュが崩れやすくなります。

 

インパクトでボールに当てに行くとこのようになってしまいます。

rty5y5y5

このようにフィニッシュでバランスを崩してしまうことになるのです。

 

力を入れるのはボールの前後という考えを持ちましょう。

 

そして、スイングの通過点にボールがあるという考えを持ちスイングすることによりフィニッシュがきれいに決まるのです。

image

 

スイングの8時から4時あたりまで力を入れてスイングして、その後はクラブのなりゆきで振ることにより、フィニッシュが決まります。

飛ばすためにはボールに当てに行かないという意識が何よりも大事なんです。

 

そうすることによって、シャープに振っても250ヤードは飛んでくれます。

切り返しで力んでしまったらスイングにキレが生まれません。

イメージとしてはスーッと助走をして、ドーンと振りきる感じです。

 

また、飛球線と目標を意識することも大事です。

 

飛球線の上に重なるようにクラブを振りぬいていくことです。

 

練習では飛球線の上にボールを置いて打ちだしの方向を意識するだけでも安定してまっすぐに飛ばすことができるようになります。

 

アドレスで両目を結んだラインと飛球線があっていないとダウンスイングで右に傾きやすくなります。

 

そうなるとヘッドがインサイド・アウトに入って右にまっすぐに飛びだしてしまったり、それを嫌がって今度はひっかけということになります。

 

たしかに肩や腰やスタンスのラインも大事ですが目のラインが狂ってしまっては方向がズレてしまいます。

 

 

目を意識するのが難しい場合は飛球線の上にボールの1メートル先ぐらいにスパットを見つけてそことボールをしっかりと結んで飛球線のラインをイメージすることが大事です。

 

スパットに向かってボールを出そうとするだけでも目線はずれにくくなります。

 

なので練習では目印になるものを置いて練習するのもいいですね。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 

 -飛距離アップ考え方, , ,

  関連記事

飛距離アップのためにフィニッシュで両足太ももをくっつける(インパクトは通過点)

  今回はフィニッシュについて解説されています。 前回まではダウンスイングからインパクトで

飛距離アップのコツはインパクトではなくフィニッシュに向かって振る

飛距離アップのためにインパクトに向かって振るのではなくてフィニッシュに向かって振ることを解説されてい

伊澤プロ流飛距離アップのために必要な腹筋を使って飛ばす方法

  今回は伊澤プロ流の飛距離アップのポイントについて紹介したいと思います。 伊澤プロは言い

ドライバー飛ばしのコツはボールに当てに行くのではなく当たるスイングを見つけること

  では、最下点のおさらいです。 クラブを振る前にクラブというのは丸く動くイメージです。

飛ばしの秘訣ヘッドスピードの上げ方とルーティンの見つけ方

  この動画では飛ばしのために必要となるヘッドスピードをどのようにして上げていくのかについ

飛距離アップを考えるなら体は大きく使わなず手元を小さく使う

  今回は男性向けの飛距離アップのレッスンを動画で解説してくれています。 最近は若手のゴル

増田伸洋プロの横振りでヘッドを大きく使って飛距離アップ

今回も飛距離アップのコツとしてワンポイントアドバイスをお伝えします。 今日は増田伸洋プロの飛ばしの秘

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

  今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。   「最近体が硬

イ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣は切り返しで力まないこと

    今回はイ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣を紹介したいと思います。 &nbs

飛距離アップのために正しいバックスイングの上げ方と重心移動

それでは、今回も安楽プロの飛ばしのコツについて 前回までの流れはこちら 飛距離アップのための正しいア

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式