*

伊澤プロ流飛距離アップのために必要な腹筋を使って飛ばす方法

      2020/05/16

 

今回は伊澤プロ流の飛距離アップのポイントについて紹介したいと思います。

伊澤プロは言います。以下は伊澤プロのスイング動画になります。

 

飛ばしたいという想いが強くなるとどうしても力感が入るのが早くなってしまう。

なのでスイング中に力感を入れるのは時計の8時あたりから力感を入れたいと。

時計の8時というのはダウンスイングで腕が右腰を過ぎたあたりの事です。

 

この感覚を身に着けるためにはまずはゆっくりしたスイングで練習をすることがおすすめだと言っています。
ゆっくりのスイングの中で振り幅は大きくして力感を入れるタイミングを意識して練習する。

ゆっくりしたスイングで力感を入れるタイミングが掴めて来たら徐々にスイングスピードを上げていく。
こうすることにより力を入れるタイミングが身についてくると言っています。

ただし注意してほしいポイントが腕の力を使うのではなくて、お腹の力を使ってクラブを加速させることが大事だと伊澤プロ入っています。
伊澤プロ流の飛距離アップのポイントはダウンスイングで右足前から力を入れるというものです。
フルスイングの場合はあまりに瞬間的過ぎて力を入れ始めるタイミングを掴むのが難しくなるため、はじめはゆっくりスイングをしてどのタイミングで力を入れるのかを覚えておく必要があります。
腕は力まずに脱力して下半身から切り返すことがポイントで、そのためにはトップの位置でグリップエンドをだれかに押さえてもらい下半身から切り返す練習をするといいです。

手元はトップの位置から動かさずに下半身から切り返すという動きを身に着けることが飛距離アップの第一段階だと伊澤プロは言ってます。
次にクラブが巻きつくように振りおろして来たら最後はバランス良くピタっと立てるようにしましょう。
振り遅れを恐れることなく腕ではなくてお腹の力を使い体をクラブよりも先行させて振る。

ダウンスイングではクラブが体に巻きつくように下してくることが大事と伊澤プロは言っています。

上半身は脱力して、振り遅れる感覚が大事。

ダウンスイングが始まるとフィニッシュまで体の回転を止めることなく一気に振りぬいていきます。

脱力したまま体を回転させることが出来ると振り遅れそうと思ってもクラブは勝手に走ってくれると伊澤プロ。
そして、フィニッシュのバランスも大事です。

目いっぱいクラブを振り切ってもフィニッシュで2秒以上止まれる形を目指すべきだと伊澤プロは言っています。
フィニッシュでは腰は目標を向き、腰が目標に正対するまで体を回しきることが大事です。

そして、肩と胸が目標を向くぐらいではまだまだ回転不足なので肩や胸は目標方向を過ぎるまで回します。

手元は高い位置に収めてフィニッシュが完成します。
フィニッシュでは完全に左足に体重が乗って右足はつま先立ちになります。

そして、シューズの裏が全て見える形になりつま先立ちになります。

右膝が前に出ることなく両太ももがくっつくぐらいの締めを感じることが大事ですと伊澤プロが言っています。

スイング中の体の回転を止めないポイントとしてはお腹にあります。

胸や腰ではなくて、体の回転を止めないためにはお腹を回転させるイメージを持つことが重要です。

スイング中は常に腹筋が締まっている感覚があり、この腹筋が締まっている感覚があるためスピーディーに回転することが出来るのです。
飛ばそうと思うと腕に力を入れがちですが、腕は脱力して力を入れずに体の回転につられて下りてくることが重要だと伊澤プロは言ってます。

こうすることによってダウンスイングでクラブをインサイドから下してくることが出来ます。

そうすることにより、シャフトが体に巻きつくようにスイングすることが可能となります。
体重を左足の拇指球にしっかり乗せることで体を回転させるためのお腹の締まりが生まれます。

そしてインパクトを過ぎると左下半身がカベになるので自然とクラブヘッドが走ってつかまった球が打てるようになるのです。

 

今回は伊澤プロの飛距離アップの秘訣について紹介しました。お腹を上手く使って体の回転で飛距離アップを目指してみてください。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ考え方, , , , ,

  関連記事

卓球のドライブの動きを取り入れて飛距離アップ!ドライバーの飛ばしテクニック

パー5やフェアウェイが広いホールではやはり飛距離を出して飛ばしたいところですね。 飛ばしたい場面では

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

  今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。   「最近体が硬

ボールに当てに行くと飛ばない、素振りのスイングで飛ばすためのポイント

  素振りの時はきれいに振れているのにボールを前にするとぎこちなくスイングしてしまうという

no image

ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

イ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣は切り返しで力まないこと

    今回はイ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣を紹介したいと思います。 &nbs

藤本佳則プロ飛ばしの秘訣はフォローに向けてクラブをリリースすること

今回は藤本佳則プロの飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 以下藤本佳則選手のドライバーショットの映像

飛距離アップのためのスイングの考え方「当たるスイング」に変える

今回は飛ばしのためのスイングの考え方について紹介します。     ドラコンプロの

ドローとフェードを打ち分け球の高低差を出して飛距離アップ

  この動画ではドローとフェード、そしてスライスとフックの打ち分けについて解説されています

グリップエンドを支点にヘッドを大きく使って飛距離アップ

今回は森まゆみさんの飛距離アップの方法を紹介します。 クラブヘッドを大きく使って飛距離アップすること

有村智恵プロの飛距離アップのコツはフェースの下目でアッパーブローでインパクト

  飛距離アップのポイントとして今回はドライバーのフェースのどこに当てると飛ぶのか?という

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式