*

飛距離アップのためにフィニッシュで両足太ももをくっつける(インパクトは通過点)

      2020/05/16

 

今回はフィニッシュについて解説されています。

前回まではダウンスイングからインパクトですが、
まずはインパクトは無視してフィニッシュを意識します。

フィニッシュというのはクラブを上げて下して上げてですが

フィニッシュはぐるっと回って肩が目標方向を示すとか、

腰がたくさん回るとかそのようなことがフィニッシュだという人がいますが

一番のフィニッシュの目標は構えた状態から振り終わった後に膝と太ももを締めることです。

 

両足の太ももと膝がくっつくように締めることを目標にします。
後ろから見てみると両足の太ももが締まるので目標側が見えなくなります。

体が動かない人は上は回っているが下が全く回っていません。

足が止まって上だけがそれを追い越して回っている状態ですね。

このような人はとても多いです。

スイングの中で上の動きとというのはあまり気にしません。

意識は下で下で下半身でスイングを作ります。
なのでフィニッシュは太ももと膝が締まります。

太ももと膝を締めることによって腰と肩はそれに連動して回転してくれます。

そして、締めるためにはテークバックで右足を踏んでいきました。

次にダウンスイングのきっかけとして左へ踏みました。

 

この踏んだ足を最後まで踏み続けることです。
ずーっと踏み続けるイメージが大事です。

そうすることによって下にずーっと力が行った状態で回り込めるようになります。

 

これをダウンスイングで左足でちょんっと踏んでそこから横に回そうとすると踏むことが出来ません。

なので常にずーっと左足で地面を踏み続けることが大事です。

そして、踏み続けて最後に膝と太ももを付けるイメージです。

逆にスタンスがものすごく広い場合は両足の太ももがつきにくいかもしれません。

付きにくいかもしれませんがとにかく踏み続けることが大事です。

 

膝がつかなくても太ももを締めるイメージがあるといいです。
インパクトの後もフィニッシュまで踏み続けるということ。

 

この太ももと膝を締めるイメージを持つことによってバランスの良いフィニッシュを作ることができます。

 

 

 

続きましてインパクトについての動画解説です。
飛距離アップのための正しいインパクトの考え方についてです。

バックスイング、トップスイング、フィニッシュまできて

インパクトをやっていませんがインパクトというのはあくまでも通過点です。

インパクトは今までのスイングの流れの中で
トップに行きました、ダウンスイングに行きました、フィニッシュに行きました、そうするとスイングの中でクラブヘッドはずーっと動いています。

この動いている状態の中で球を当てることが出来る。

 

これが最高のインパクトです。
一連の動作の中でインパクトを迎える形が理想です。
ですのでインパクトの中で一番何が大事なのかと言うと、

インパクトの形とかではなくてまずはボールのポジションが大事です。

ボールのポジションと言うのは一番初めにニュートラルポジションの形をしました。

ニュートラルポジションについて

これはボールと自分との距離です。

ニュートラルポジションを作ることによって縦のポジションが決まります。

次に横のポジションと言うのは左足のかかと線上などが基本となりますが

これはあくまでも左足かかと線上は基本なので実は構えた状態から振ってみてクラブが地面のどのあたりを擦っているか?が大事です。

クラブヘッドが地面を擦ったポジションがスイングの最下点になります。

なのでその最下点よりも少し左へボールを置きます。

 

これは人によって左足のかかと線上の左へ置くのか右へ置くのか異なります。

ここまでできたら構えた状態から実際にボールを打ってみて細かな位置を修正していくことができます。

そして、打ちながら自分でポジションを変えていきます。

縦のポジションは決めました。

後の横のポジションというのは人それぞれ個人差がありますのでちょっと左へ置いてみたり、または右へ置いてみたりして後はスイングをつなげていきます。

そして正しい位置に置いたボールに自然に当たるのが理想のインパクトになります。

ですのでこれを参考にして練習してみましょう。
インパクトは通過点。

 

飛距離アップにはこの考え方を持ってインパクトを迎えられるようにしましょう。

次回は飛距離アップのためにどこに向かって振るのかについて解説しています。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ考え方, , ,

  関連記事

飛ばしの秘訣ヘッドスピードの上げ方とルーティンの見つけ方

  この動画では飛ばしのために必要となるヘッドスピードをどのようにして上げていくのかについ

増田伸洋プロの横振りでヘッドを大きく使って飛距離アップ

今回も飛距離アップのコツとしてワンポイントアドバイスをお伝えします。 今日は増田伸洋プロの飛ばしの秘

飛距離アップのために正しいバックスイングの上げ方と重心移動

それでは、今回も安楽プロの飛ばしのコツについて 前回までの流れはこちら 飛距離アップのための正しいア

有村智恵プロの飛距離アップのコツはフェースの下目でアッパーブローでインパクト

  飛距離アップのポイントとして今回はドライバーのフェースのどこに当てると飛ぶのか?という

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

イ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣は切り返しで力まないこと

    今回はイ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣を紹介したいと思います。 &nbs

藤本佳則プロ飛ばしの秘訣はフォローに向けてクラブをリリースすること

今回は藤本佳則プロの飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 以下藤本佳則選手のドライバーショットの映像

伊澤プロ流飛距離アップのために必要な腹筋を使って飛ばす方法

  今回は伊澤プロ流の飛距離アップのポイントについて紹介したいと思います。 伊澤プロは言い

スイング中は頭を積極的に動かすことが飛距離アップに必要な動き

  飛距離を伸ばすための方法として今回はドラコンプロの安楽選手のレッスンになります。 安楽

飛距離アップのためのスイングの考え方「当たるスイング」に変える

今回は飛ばしのためのスイングの考え方について紹介します。     ドラコンプロの

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式