*

飛ばしの秘訣ヘッドスピードの上げ方とルーティンの見つけ方

      2020/05/16

 

この動画では飛ばしのために必要となるヘッドスピードをどのようにして上げていくのかについてお伝えしています。
ヘッドスピードの上げ方についてですね。
ボールを遠くへ飛ばすためには必要です。
ないよりあった方がいいです。
飛ばしのドラコンなどになると特にヘッドスピードは重要です。
でも、ただやみくもにヘッドスピードを出しても飛びません。
一番簡単にヘッドスピードを出す方法は構えてから腕を振ればいくらでもヘッドスピードを出すことはできます。
でもこれでは当たってどこに飛んでいくかわかりません。
また、当たってスピン量も増えてしまいますし効率よくボールを飛ばすことはできません。
そこでヘッドスピードはどうすれば出るのか?ですが

構えた状態から体と手の動きが同調した中で出るのが理想のヘッドスピードになります。

これがほんとうのスピードだと思います。

では、この場合どのようなことをやっているのかというと、ここでメディシンボール(重たいボール)が例に出しますが、
この重いものをより遠くへ投げる動きがヘッドスピードを上げる動きになります。
重いボールを凄く遠くへ投げるイメージです。

これが自分の中でのヘッドスピードの上げ方としてシンクロしてきます。
この重たいボールを遠くへ投げようとする場合
後方へ引く力を大きくするとそれに比例して前方への力が大きくなります。
この動きをスイングに応用します。

つまり構えた状態からバックスイングでクラブを上げる速度をアップさせるのです。

そうすることによりヘッドスピードも向上します。

上げた速度の反動で戻してきます。

ただ一つやってはいけないことはバックスイングのスピードを上げるために手だけでバックスイングをすることです。
手の力だけでバックスイングするのはNGです。
重たいものを投げるときには手だけではなくて体も一緒に動きます。

この一緒に動いた反動で遠くへ重たいものを投げることが出来ます。

なので体と手の動きを同調させてバックスイングをするということです。

こうやってバックスイングのスピードを上げることによってダウンスイングのスピードも上げることが出来ます。
大抵の人は丁寧にバックスイングを引いています。

丁寧に引いてきてダウンスイングで加速します。
でも、これは見ていてもったいないです。
出来ればバックスイングとダウンスイングのスピードの差を極力なくすようにすることが飛距離アップにつながります。

 

 

 

 

この動画では飛ばしのためのルーティンについて解説されています。

ドラコンの場合はグリッドとよばれるエリア内にボールを打たなければいけません。

このエリア内に静止したボールだけが有効となって計測されます。
同じように、皆さんもコースでフェアウェイの間を狙ってボールを打つと思います。

これはドラコンもラウンドも一緒だと思います。

では球を打つためにはルーティンをすると思いますが、ルーティンを例えると走り幅跳びのようなイメージになります。
走り幅跳びはまずスタートラインに立ちます。
スタートラインに立ったらそこから走り出しますよね。

そして、走って行って踏切番で踏切ってジャンプします。
最後に着地して終わります。
まとめると
スタートラインに立つ
↓↓↓
走り出す
↓↓↓
踏み切る
↓↓↓
着地します。
この流れを球を打つために当てはめていきます。

まずは、ボールを打ちだす目標を決めます。

ボールの後ろに立ってどこを狙うかを決めます。

この目標を決めている地点が走り幅跳びで言うスタートラインに立っていることになります。
打ちたい目標が決まったら次はアドレスに向かいます。

この時、走り幅跳びではスタートしてすでに走っている状態です。

そして、第二段階として目標に対して直角の方向から構えます。

次に第三段階でアドレスを作りますがこの時点でも走り幅跳びで例えるとまだ走っている状態です。

ここから第四段階として目標を確認します。

目標確認が終わったら第五段階でスイングを始動して、第六段階でフィニッシュです。

まとめると

目標を定める
アドレスに向かう
アドレスする
目標を確認する
スイングを開始
フィニッシュする

この1から6工程の中で球を打つという部分に関しては6分の1です。

つまりスイングというのは6工程ある中の1工程にしかすぎません。

その結果ボールが飛んでいく。

実はボールを打つスイングは6分の1工程にすぎませんが他の5工程というのがとても大事なんです。

練習場でも同じで1回打ったら必ずアドレスをほどきます。

そして、1打ごとに6工程のルーティンを確認します。

ほとんどの人はこれをやりませんので練習でこれを行うと自分のルーティンを見つけることが出来るのでおすすめです。

飛距離アップのためのルーティンに関する内容でした。

このルーティンを考えて練習することによってスイング全体の流れが良くなってきますのでぜひ試してみてください。

 

次回はドローとフェードを打ち分け球の高低差を出して飛距離アップについて解説しています。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ考え方, , , , , ,

  関連記事

有村智恵プロの飛距離アップのコツはフェースの下目でアッパーブローでインパクト

  飛距離アップのポイントとして今回はドライバーのフェースのどこに当てると飛ぶのか?という

卓球のドライブの動きを取り入れて飛距離アップ!ドライバーの飛ばしテクニック

パー5やフェアウェイが広いホールではやはり飛距離を出して飛ばしたいところですね。 飛ばしたい場面では

藤本佳則プロ飛ばしの秘訣はフォローに向けてクラブをリリースすること

今回は藤本佳則プロの飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 以下藤本佳則選手のドライバーショットの映像

ドローとフェードを打ち分け球の高低差を出して飛距離アップ

  この動画ではドローとフェード、そしてスライスとフックの打ち分けについて解説されています

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

  今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。   「最近体が硬

イ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣は切り返しで力まないこと

    今回はイ・ボミ選手の飛距離アップの秘訣を紹介したいと思います。 &nbs

飛距離アップのためにバックスイングからダウンスイングで腰の回転は意識しない

    今回は飛距離アップのためのトップスイングについて解説されています。 トッ

飛距離アップのためにフィニッシュで両足太ももをくっつける(インパクトは通過点)

  今回はフィニッシュについて解説されています。 前回まではダウンスイングからインパクトで

ボールに当てに行くと飛ばない、素振りのスイングで飛ばすためのポイント

  素振りの時はきれいに振れているのにボールを前にするとぎこちなくスイングしてしまうという

飛距離アップを考えるなら体は大きく使わなず手元を小さく使う

  今回は男性向けの飛距離アップのレッスンを動画で解説してくれています。 最近は若手のゴル

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式