*

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

      2020/05/16

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。

 

ワイドスタンスで大きく下半身を動かすことにより飛距離アップが可能になると藤田寛之プロは言います。

例えば、野球のスローイングでボールを遠くへ投げる時のことを考えてみましょう。

 

この時、ボールを遠くへ投げるために足を大きく前方へ出し、前足を強く踏み込むことにより体重移動を大きくすることができます。

 

これによって腕が振られるためボールを遠くへ投げるためのパワーが生まれる。

と藤田寛之プロは言います。

 

これはゴルフも同様で、体重移動の量を増やすことによりその分だけボールを遠くへ飛ばすことができるわけです。

 

しかし、ゴルフの場合はスタンス幅の中でスイングすることが大事です。

ゴルフでは足を外に踏み出すということができません。

 

そのため、飛ばしにかかるときはスタンス幅を広げる。

つまりワイドスタンスにするわけです。

 

僕は基本的にゴルフスイングで体重移動を意識する必要はないと思っています。
藤田プロのように飛ばしにかかる時はスタンス幅を広げるといことは間違ってないです。
これでスムーズな重心移動が行えますので、球に体のパワーを与えることができます。

 

 

そして、藤田プロが言うには、ダウンスイングではしっかりと左足を踏み込むことによって体重を左足(飛球方向側の足)に乗せていきます。

 

このしっかり体重を左足に乗せる練習として一本足打法のつもりで練習するのがお勧めだと藤田寛之プロは言います。

 

これに関して、しっかりと左足を踏み込むという動きを取り入れてもほとんどの人が誤った動きになってしまいますので注意が必要です。
その誤った動きというのは身体が左へ突っ込んでいくという事。
つまり飛球方向へ体が突っ込んでいってしまう事を言います。
これでは・・・・ですよね。
あなたならもうお分かりですね。
軸がブレてしまっているので当然軸回転になりませんので、スイングがバラバラになりますし、それぞれの体のパーツが正しく動けなくなりますので手打ちになります。

 

でも、ここでは藤田プロの飛ばしの方法をお伝えしていますので、そこはあえて目をつむります。

 

藤田プロが言うには、バックスイングで左足を浮かせます。

 

そして、体重をすべて右足に乗せます。

次に、左足を踏み込んで下半身主導によってスイングを開始する。

 

こうすることにより体重移動が大きくなります。

そして、腕と肩の力も自然と抜けることになるので力みを防止することにもつながるのです。

という事です。

「んー。。。」「一本足での練習はいいですが、実際のスイング時に左足を踏み込むという意識は持たない方がいい」というのが僕の意見ですので、あなたが左へスエーするという場合は対ずう移動の意識は捨ててくださいね。

 

 

それではおさらいです。

藤田プロの言う飛距離アップのポイントは

飛距離を伸ばすためには、まずはスタンス幅を広げます。

 

通常のスタンス幅よりも少し広めにスタンスします。

 

次に両足のつま先を少し開きます。

 

こうすることにより体を回しやすくなるのです。

 

さらに右股関節で体重を受け止めます。

 

右股関節に体重を乗せるイメージで体を右へ回す。

 

ここで右足の付け根のズボンにシワができればOKです。

また、背中は目標に対して正対するぐらい上体を深く捻転させることが大事です。

 

この時に右腰の位置がアドレスの時を変わらないことに注目しましょう。

 

ダウンスイングでは左足を強く踏み込み、下半身主導でスイングを作っていきます。

 

コツとしては上体が開くことを我慢するのが大事ですね。

また、頭をしっかりと後ろに残してビハインド・ザ・ボールの形を作ります。

 

こうすることにより遠心力によって腕が引っ張られるわけです。

 

 

これが藤田寛之プロが言う飛距離アップのためのスイングになります。

 

まずは一本足で練習すること。つまりバックスイングで一度左足を浮かせてそこから左足を踏み込んで下半身が動いてから体重が移動していく練習をしてみるのもありかもしれませんね。

 

飛距離アップのために一本足打法でスイングする練習はドラコンプロの安楽選手も同じことを言ってます。

 

ボールを遠くへ飛ばすスペシャリストも同じく左足の踏込みを強くすることの重要性を唱えています。

でも、それは軸ブレしない人に限ります。

軸が元々ブレている人が左足の踏み込みを意識したらもっとブレブレになってしまいます。

 

なので、あなたのスイングをまずは動画でもいいので撮影していただき、
軸がブレていないことなどを確認することからスタートしてください。
軸ブレしないスイングというのはスイングに再現性が高いということが言えます。
それをできるようになってから飛距離を伸ばすことを考えるようにしましょう。

 

 

もっと詳しく飛距離アップする方法はメルマガで教えています。無料メルマガ

メルマガではブログに書いてない濃い内容をお伝えしています。

 -飛距離アップ下半身

  関連記事

ヒールアップで体が硬くてもしっかり飛ばすダウンの下半身の動き

  飛ばしたいのであれば体重移動を積極的に使ったほうがいいという考え方からです。 &nbs

飛距離アップに必要なダウンスイングで右足カカトを浮かせて踏ん張る動き

  飛距離アップのための右足の使い方について動画で解説しています。 ジュニアの女の子を始動

飛ばしの極意!クラブを速く振るための腕を体の近くに通す方法

  飛ばしの秘訣として今回はびっくりするほど体が速く動く方法について解説しています。 体を

ドライバーの飛距離を伸ばす足の使い方、右足かかとを粘る動き

  飛距離を伸ばすために 右足の使い方についてです。 体が左へ突っ込んだり、下半身がブレて

no image

飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし

回転力をアップして飛距離アップするために、左足つま先を開く

  今回は飛距離アップのための回転力を上げる方法についてです。   ある程度中上

ブランコの振り子の要領で飛距離アップ!クラブを加速させる下半身の使い方

ドライバー飛距離アップのために今回もそのコツを紹介したいと思います。   飛ばせる力の出し

藤田寛之プロに学ぶ強弾道で遠くに飛ばすスイングとは?

今回は藤田寛之プロの飛ばしのコツを紹介したいと思います。   藤田寛之プロの飛ばしの理論は

石川遼選手の飛距離アップのための右軸安定の練習方法

今回は石川遼プロの飛距離アップのポイントに迫りたいと思います。   ドライバーでビックキャ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式