*

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

      2020/05/16

 

ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのではないでしょうか?

このブログは飛距離アップについて書いています。

今より少しでも飛距離アップしたいという方のために飛距離アップに関する情報を配信しています。

ボールを遠くへ飛ばすためには手打ちは必ず直す必要があります。

そのためにはダウンスイングは下半身でリードすることが大事です。

頭で納得していても体がいうことをきいてくれないという場合がほとんどでしょう。

 

今まで手打ちスイングでゴルフに取り組んできた場合、なかなかそれを矯正するには時間がかかります。

 

なのでそれなりのトレーニングを行う必要があります。

飛距離アップのためにダウンスイングの切り返しで下半身が先に動き、手や上体は何もしてはいけない。

 

この感覚をとにかく全身で体感する必要があります。

 

そのためのトレーニングとしてトップの体勢を作りグリップエンドを壁につけて、その状態からダウンスイングを下半身からスタートする練習がおすすめです。

 

グリップエンドが壁についているため、ダウンスイングを手元を全く動かさずに下半身からスタートさせる感覚が身につきます。

 

このトレーニングを続けることでダウンスイングを下半身でスタートする感覚が分かってきます。

 

下半身リードでスイングできるようになるとボールにパワーを伝えることができるので飛距離アップします。

はじめのうちはダウンスイングを腰のリードで行うと、体の開きが早くなって振り遅れなどが出ると思います。

 

そしてボールが右に飛び出すプッシュアウトも出るでしょう。

 

でも、それが嫌だからといって腰のリードでの切り返しをやめて手を振るとまた手打ちに逆戻りです。

 

スライスが出ると、「もっと腕を振らないと」と思うでしょう。

 

でも「もっと腕を振ろう」など考えるとまた手打ちに戻ってしまいます。

ダウンスイングで右肩が早い段階で前に出てきてアウトサイドインのスイング軌道になってしまいます。

 

これでは飛距離アップは望めません。

ボールを飛ばしたいのであれば時間をかけてでも手打ちを直す必要があります。

ダウンスイングは下半身から切り返し手は何もしないが最大飛距離を出す近道 

 

大事なのは体のターンと捻じりを覚えることです。

そして、体のターンに連動して腕が振られる感覚を身につけることです。

 

ゴルフは軸を中心とした円運動です。

なので軸に近い体の中心となる胴体のねじりとターンの動きを覚えこませることです。

 

それに連動して腕が引っ張られて振られる感覚が必要です。

 

これが飛距離アップにつながる再現性の高いスイングにもなります。

はじめは振り遅れのプッシュアウトが出ても、スライスが出ても腰のリードでスイングすることをやめないことです。

飛距離アップするためには目先の結果にこだわらずじっくりと体に正しい動きを覚え込ませる必要があります。

 

なので、壁にグリップエンドをつけてトップの形を作りそこから下半身で切り返すトレーニングをしてみましょう。

この動きを空いた時間でも行うことによりより早く腰のリードによって切り返す感覚を体が覚えてくれます。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

体がキレてボールが飛び出す飛距離アップのコツはハの字に振りぬくこと

  面白い練習方法を紹介します。 このドリルを実際に意識してやると飛距離が伸びました。 &

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

誰でも簡単にできる効果的な素振りで飛距離アップ

  どうにかして飛距離を伸ばしたいという方は多いと思います。 今回も飛距離アップに悩んでい

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

スイング中の前掲角度をキープして飛距離アップする練習方法

ゴルフの飛距離アップにはミート率の向上は欠かせないと思います。 いくらスイングスピードが速くてもミー

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。 バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式