*

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

      2020/05/16

 

久しぶりの更新になります。

最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

 

仕事が落ち着いてきた分、更新を再開したいと思います。

 

このブログではゴルフの飛距離アップについて書いています。

飛距離を伸ばすためにあなたも練習に取り組んでいると思います。

実際にスライスで悩み飛距離不足だった僕が飛距離アップするためにどうしたらいいか?を考え飛距離アップの方法を試してきた結果、良かったものやそうでなかったものをブログで紹介しています。

 

飛距離アップには人それぞれ考え方があると思います。

方法も人それぞれでしょう。

 

基本的な飛距離アップの方法を試してみても飛び悩んでいるという場合は、このブログで飛距離アップだけに特化してその方法を紹介していますので各種練習方法などを実践されてみてください。

 

 

では、今回も飛距離アップについて紹介したいと思います。今回紹介するのは、最近活躍中の韓国人プロのチョン・インジ選手の飛距離アップの方法となります。

 

 

チョン・インジ選手が飛距離が出て、なおかつ方向性も安定する理由について紹介します。

 

まず、チョン・インジ選手が飛距離が出てさらに方向性が安定する理由として、ダウンスイングからインパクトにかけて手首をリリースしていないことが話題になっています。

 

 

チョン・インジ選手の手首の使い方&ひじの使い方に注目してみましょう。

チョン・インジ選手のスイングを見ていると切り返しから、インパクトで手首の角度が変わっていないことに気づくと思います。

上の動画はチョン・インジ選手のスイング動画です。

よく見ていると切り返しからインパクトで手首の角度が変わっていません。

 

クラブを戻すと思うと多くの人は手首をリリースするイメージが強いです。

そのため、ここで手首をほどくことにより振り遅れや、インパクトがズレることにつながります。

 

チョン・インジ選手のイメージでは切り返しからヘッドを走らせるとか、シャフトをしならせるなどのことは考えずにクラブ全体の重さを使う意識となります。

 

部分的に意識すると手首を使ってクラブを戻そうとします。

 

そうではなくて、クラブが一つの塊だとイメージしてスイングするのがチョン・インジ選手の飛ばすコツだそうです。

 

このイメージがあるからこそ、手首の角度をキープすることができるのです。

 

そして、球が飛び出したときには手が丁度アドレスの位置に戻り、ここではじめて手首がリリースされる。

 

そして、このときにクラブはインサイドへ入っていく。

この一連の動きができるので彼女は飛距離が出ますし、また方向性の定まるスイングができるそうです。

 

rt5t5t5

 

この一コマを見るとわかりやすいです。

このダウンスイングの位置。

つまり腕が9時の位置まで下りてきたときにまだ、右手首がほどけていません。

ery54y545

 

また、上の一コマはインパクト直後の形ですが、

右ひじが伸びきってません。

右ひじがたわんでいるのが分かると思います。

 

 

また、ここでも手首がまだリリースされていません。

 

チョン・インジ選手の場合右手首はフォローまでリリースされずにキープされています。

 

これが彼女が飛ばせるスイングの核になっている部分だと言われています。

 

 

右手首のリリースが早い方は彼女のようにフォローでリリースするぐらいのつもりでスイングしてみるといいでしょう。

 

もちろん前腕のローテーションが入っているのでこのようにインパクトで右手首というのは甲側に折れたままをキープすることができます。

 
右手首を甲側に折ったままこのようにハンドファーストでインパクトを迎えるためには、前腕のローテーションが必ず必要となります。

 
プロや上級者は前腕のローテーションが出来ていますが、ほとんどのアベレージゴルファーが前腕のローテーションができずに、「すくい打つ」形になっています。
これでは、球を遠くへ飛ばすことはできません。
飛距離を出したいのであれば、前腕のローテーションを覚えましょう。

 

 

ゴルフで飛距離を伸ばしたいのであればこちら

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書いてない濃いゴルフノウハウをお伝えしています。

 

 -飛距離アップ考え方

  関連記事

飛距離アップのコツはインパクトではなくフィニッシュに向かって振る

飛距離アップのためにインパクトに向かって振るのではなくてフィニッシュに向かって振ることを解説されてい

体が硬くてもコックとヒールアップで飛距離アップする方法

  今回は体が硬くなった場合でも飛ばせるスイングについてです。   「最近体が硬

飛距離アップのためにバックスイングからダウンスイングで腰の回転は意識しない

    今回は飛距離アップのためのトップスイングについて解説されています。 トッ

飛距離アップのためのスイングの考え方「当たるスイング」に変える

今回は飛ばしのためのスイングの考え方について紹介します。     ドラコンプロの

スイング中は頭を積極的に動かすことが飛距離アップに必要な動き

  飛距離を伸ばすための方法として今回はドラコンプロの安楽選手のレッスンになります。 安楽

卓球のドライブの動きを取り入れて飛距離アップ!ドライバーの飛ばしテクニック

パー5やフェアウェイが広いホールではやはり飛距離を出して飛ばしたいところですね。 飛ばしたい場面では

ボールに当てに行くと飛ばない、素振りのスイングで飛ばすためのポイント

  素振りの時はきれいに振れているのにボールを前にするとぎこちなくスイングしてしまうという

増田伸洋プロの横振りでヘッドを大きく使って飛距離アップ

今回も飛距離アップのコツとしてワンポイントアドバイスをお伝えします。 今日は増田伸洋プロの飛ばしの秘

伊澤プロ流飛距離アップのために必要な腹筋を使って飛ばす方法

  今回は伊澤プロ流の飛距離アップのポイントについて紹介したいと思います。 伊澤プロは言い

藤本佳則プロ飛ばしの秘訣はフォローに向けてクラブをリリースすること

今回は藤本佳則プロの飛ばしの秘訣を紹介したいと思います。 以下藤本佳則選手のドライバーショットの映像

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式