*

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

      2020/05/16

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。

自宅で手軽にできる練習方法となるので毎日ちょこちょこ続けることで驚くほど効果が出る練習方法です。

 

しなやかでなめらかなスイングを覚えることが飛距離アップにつながるということを解説されています。

これが最大の飛距離を出すためにとても重要である。

そのためにはタオルを使った練習を練習場や自宅で繰り返すことによりしなやかでなめらかなスイングというものが体に覚えこませることができる。

 

では、タオルを使って具体的にどのような方法で練習するのか?

 

タオルは少し長めのものを使用します。バスタオルでもいいですし、通常の手ぬぐいタオルでも構いません。

そして、タオルの先端の部分を丸めて重りを作ります。

重りを作ったら重りの反対側でグリップをします。

そして、ここで連続素振りを行います。

行ったり来たりの素振りを繰り返します。

このタオルを使っての連続素振りのポイントは背中にポンッ!っと先端の重りが当たったらそれを合図に反対側に振り出していきます。

そして同じリズムとテンポを心がけて行います。

そして、練習場や自宅でやるときもこのタオルの先端の重りがどのような軌跡を通っていくかを意識しながら行うことでスイングの精度が高くなります。

例えばやってるうちに行きも帰りもバッテンのようになってしまうのではなく、いつも同じ道を通って素振りをする。

 

同じリズムと同じ軌道で振れることが大事です。

また、もう一つのポイントとして背中の同じ位置にタオルが当たるということがポイントになります。

 

バックスイングとフォローで背中の同じ位置にポンッ!ポンッ!と当たるように心掛けましょう。

これが例えばバックスイングで首にタオルが巻き付いてしまったり、または振った後に脇腹の下の方に当たったりするのではなくて背中の脇の下の上部に繰り返し当たるように練習します。

次に練習場でする場合は、タオルを使って何回か振った後に今度はクラブを使います。

クラブは硬くてタオルのようにしなりませんが、イメージとしてはタオルをしならせて振っているような感覚で振ることが大事です。

タオルで連続素振りをすることによって不思議とクラブを持った時にクラブが柔らかくてしなっているような感覚になります。

 

そしてこのしなっている感覚が消えないうちにドライバーで滑らかなイメージで打ちます。

このようにタオルの連続素振りをするとしなやかでなめらかなスイングを作ることができます。

これはとても大事で飛距離アップの基本となる部分です。

 

飛距離アップに欠かせないポイントとしてシャフトをうまくしならせることが最小のスピードでも最大の飛距離を生み出す大事なポイントになります。

これを実現させてくれるのがタオルを使っての連続素振りです。

 

 

まずはベタ足でやってみましょう。

最初はベタ足でタオルの先端の重りが背中にポンッ!と当たったのを合図に
切り返すイメージですね。

体全体がまるでタオルのようにグニャグニャになっているようなイメージで連続素振りをします。

決して手だけでスイングするというわけではなくて、体の回転も付けてスイングします。

体をしならせ、クラブをしならせ、タオルをしならせて行います。
自宅ではクラブを振ることはできませんので、
寝る前でもいいですし、お風呂上りでもいいですしこの素振りを毎日1分間だけやるだけでも効果があります。
練習場の場合はタオルで連続素振りをした後にクラブに持ち替えて同じように連続素振りをします。

すると体幹の感覚が今までと違うのが分かりますし、背中にあたったのを合図に下してくることにより打ち急ぎを防ぐことが出来ます。

タオルを使っての連続素振りは打ち急ぎを防ぐためにも有効な練習になります。

そして、仮想のボールの位置の一点を見つめて行うことによってさらに効果的になります。

いつも同じところにタオルの重りが当たっているというのが分かることが1つの目安になります。

そして、最後にボールを打つわけですがイメージはクラブを振っているのではなくてタオルを振っているイメージでボールを打ちます。

打ち急ぎがなくなりトップの時に間が出来る感覚が分かると思います。
トップでの間が出来ることによりクラブのしなりを作ることが出来ます。

そうすることで力まなくてもクラブのしなりでスピードを出すことが出来ます。

トッププロなどはテレビで見ていると一瞬トップで止まっているように見えたりします。

止まって見えるというのはスイングに間が出来ているから止まっているように見えるのです。

そして、タオルの連続素振りによって切り返しのタイミングを覚えることができて、自然に一瞬止まったように見えるようになります。

タオルの連続素振りを行うことによりそういったトッププロのような間を作ることできます。

 

この練習方法はお手軽なので僕も自宅で時間があるときによく行っています。

練習場に行く時間がなかなかないという場合は自宅で手軽にできる練習なのでおすすめですね。

 

もっと詳しく簡単にゴルフ上達を希望されるならその方法はメルマガでお伝えしています。

メルマガではブログに書けないゴルフ上達法をお伝えしています。

無料メルマガ

また、ゴルフ上達のためのレポートも無料でプレゼントしています

 -飛距離アップ練習方法, , , ,

  関連記事

下半身と体幹を使ってタメを作り飛距離アップするための練習方法

  飛距離を伸ばすための練習方法です。 今回は体幹を使ってスイングし、飛距離を伸ばすことに

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

捻転差で飛距離アップして飛ばすための体幹を使ったトレーニング

飛ばしに必要な捻転差を感じる練習です。 バックスイングで捻転したらそれをダウンスイングで捻じり戻す動

でんでん太鼓の要領でヘッドスピードを上げ、飛距離アップする藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロのドライーバー飛距離アップのレッスンとして動画を紹介いたします。   そ

ダウンスイングでクラブを立てて下して飛距離アップする方法

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。  

ドライバー飛距離アップのために体をゴムのようにしならせて飛ばすコツ

  飛ばしのためには前回の記事でお伝えしたように体を速く回転させた方がヘッドスピードを上げ

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式