*

ドライバー飛距離アップのために体をゴムのようにしならせて飛ばすコツ

      2020/05/16

 

飛ばしのためには前回の記事でお伝えしたように体を速く回転させた方がヘッドスピードを上げることができることについてお伝えしました。

 

 

体を速く回転させるためにはクラブがトップスイングに上がりきる前に下半身を目標方向へ動かし始める感覚を掴む必要があります。

今回はこの感覚を掴むための練習方法を動画で紹介しています。

 

 

この感覚を身に着けるために、まずは両手を広げた状態でスイングしてみましょう。

 

 

まっすぐに立って両手を左右に広げたら胸を右へ向けながらバックスイング。

 

 

次に胸が右に向ききる直前に下半身を切り返してフィニッシュまで振り切ります。

この時に意識するポイントとしては体幹部を一枚の板のようにイメージして、上半身と骨盤を一緒に動かすことですね。
そうすると切り返した瞬間に左の肩甲骨周りの筋肉が伸びます。

この左の肩甲骨周りの筋肉が元に戻ることによってダウンスイングに入ります。

この時に注意したいポイントですが腕の力で手を体の近くに近づけないことです。

常に両腕は真横に広げたままの状態です。

そして、体を左右に回してスイングすることが大切なポイントとなります。

切り返した時に自然と体がゴムのような弾力性のある動きを感じ取ることが出来れば成功です。

次にステップアップして、クラブを肩に担いだ状態でも同じ運動をしてみてください。

クラブを肩に担いでこの動きをするのは両手を広げた時よりも難しいですが、切り返しで同じように上半身と下半身に時間差を作ることによって体をゴムのように弾力性を感じながら回転させることが出来ます。

 

最後に今度は両手を肩の上に置いた状態でも同じ動きをしてみましょう。

 

 

両手を肩の上に置いた状態でもゴムのように弾力性のある動きが出来るようにしてください。

 

 

この切り返しの間隔を通常のスイングに取り入れることによって下半身リードが身につくので体を速く動かすことが出来るようになります。

 

 

飛ばしに必要不可欠なダウンスイングの切り返しの部分の練習方法となります。

体をゴムのようにしならせて使い回転スピードを上げてクラブにそのスピードを伝達する動きになりますのでみっちりこの動きを練習することによってスイングスピードが劇的にアップします。

 

飛ばしを追求するためにはやはり体の回転スピードとクラブのしなりを使ってスイングしなければなりません。

 

クラブを速く振るためにはスイングのバックスイングからダウンスイングの切り返しが重要なポイントになります。

 

この練習によって下半身リードのコツをつかんでみてください。

そうすると速く体が回転している感覚を掴めるようになると思います。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ練習方法, , , ,

  関連記事

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

スイング中に左サイドの壁を作って飛距離をアップさせる練習方法

  飛距離アップには欠かせない体重移動についてです。 大きく飛ばすためにはスイング中の体重

体の軸を中心に飛ばすためのスイングにキレが生まれる練習

飛距離アップのために、今回は体の軸を中心に鋭く回転して振りぬくレッスンを紹介します。 このドリルを行

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

クラブをリリースする感覚を養い飛距離アップする練習方法

  飛距離アップの練習方法として、今回はインドアでできる飛距離アップドリルになります。 飛

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式