*

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

      2020/05/16

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。

ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくためのドリルについて解説しています。

 

 

それでは動画の内容を紹介します。

 

~~ここから~~

 

小さなトップスイングからダウンスイング、フォローにかけて一気に振りぬいていく練習になります。

この練習を行うことによって下半身の動きや腹筋、そして背筋の動きを覚えることが出来ます。
そうすることにより、ヘッドスピードが上がっていくことになります。
この練習では7番アイアンなどのミドルアイアンを使っていきます。
そして、フルスイングで150ヤードほど7番アイアンで打たれる場合、小さなトップの位置からフォローで思いっきり振りぬいていきます。
この小さなトップからでも同じように7番アイアンで150ヤードぐらい飛ばせるようになることが目的です。
これが出来るようになることによりしっかりした下半身リードができ、そして腹筋や背筋を使った力強いスイングが出来るようになるのでぜひ取り組んでみましょう。
まずはいつも通りアドレスして、だいたい時計の文字盤の9時ぐらいのトップの位置からフォロースルーで大きめなフォロースルーを作っていくイメージを持ちます。
ここで手や上体だけで打ちに行ってしまうと大きなフォロースルーは作ることが出来ません。

大きなフォロースルーを作るためには下半身のリードで左足の踏み込みであったり腹筋や背筋を捻じる戻していく動きが必要となります。
ですので、小さいトップの位置から大きなフォロースルーを作るためにこの練習を通して身に着けていくといいでしょう。

このように小さなトップスイングから大きなフォロースルーに持っていく動きにより体幹の動きが分かってきます。
そうすることによりヘッドスピードは必ず上がってきます。
これはとても魅力的な練習になるますので、ぜひトライしてみましょう。

 

~~ここまで~~

小さなトップから大きなフォローへつなげるためには体感を使ってスイングする必要があります。

 

よくありがちなのはトップが大きく、インパクトで当てて終わりのようなスイングをしている人を見かけますが、トップからダウンスイングで力を使い切っているのでボールが飛んでくれません。

 

ヘッドスピードが最大になるのはインパクトの後です。

ダウンスイングでヘッドスピードが最大になるとボールは飛んでくれませんのでこの練習でインパクトからフォローにかけてヘッドスピードが速くなることを実感できると思います。

 

ダウンスイングで一生懸命振ろうとするのではなくて、大きなフォローを取るためにインパクト以降に目を向けてスイングを行うことによりヘッドスピードアップにつながり、ボールが飛ぶようになります。

 

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ練習方法, , ,

  関連記事

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

スイング中に左サイドの壁を作って飛距離をアップさせる練習方法

  飛距離アップには欠かせない体重移動についてです。 大きく飛ばすためにはスイング中の体重

体がキレてボールが飛び出す飛距離アップのコツはハの字に振りぬくこと

  面白い練習方法を紹介します。 このドリルを実際に意識してやると飛距離が伸びました。 &

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

ドライバー飛距離アップのために腕は脱力しスイングするためのアプローチ感覚の練習

今回は中井学プロの飛距離アップレッスンになります。 脱力スイングで飛距離アップするという理論の中井学

no image

下半身リードで飛距離アップするための右手のグリップを外した練習方法

前回左手一本でのスイングで下半身のリードを感じ取る練習を紹介しました。 飛距離アップのためには下半身

体の軸を中心に飛ばすためのスイングにキレが生まれる練習

飛距離アップのために、今回は体の軸を中心に鋭く回転して振りぬくレッスンを紹介します。 このドリルを行

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

  アスリート編としてさらに飛距離アップするためには? というテーマで解説されています。

ダウンスイングでクラブを立てて下して飛距離アップする方法

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。  

no image

下半身リードで飛距離アップするためにトップで上半身の動きを封じる練習

飛距離アップするために必要なことはやはり手打ちをやめることです。 そのためにはトップで上半身の動きを

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式