*

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

      2020/05/16

 

 

さて、今回も飛距離アップのための動画となります。

海老原治プロ直伝の飛距離アップの方法となります。

シニアプの飛距離アップのスゴ技として紹介されています。

海老原治プロは飛距離を伸ばすためにシンプルな練習をされています。

それは竹ぼうきを使っての練習です。

 

64歳でマックスの飛距離が出る方法として、海老原治プロは竹ぼうきを使っての素振りをおすすめしています。

 

これなら自宅で空いた時間にでもすぐに取り組むことができますね。

コツとしては竹ぼうきを振るときにダウンで「ブン!」という音を出すのではなくて、フォローで「ブン!」と音を出すことを意識してスイングします。

 

竹ぼうきは重たいので体を使って振らないと「ブン!」と力強い音を出すことはできません。

 

手で振っていると強い風切音を出すことはできないのでこの竹ぼうきを使っての素振りは手打ちを直すのにも効果的ですね。

 

実際に僕の知りあいの52歳の方はゴルフを始めて2年間全く打ちっぱなし上に行ったことがなく竹ぼうきを使っての素振りだけを続けた結果、飛距離が平均して270ヤードまで伸ばすことに成功しています。

 

また、スコアもゴルフをはじめて2年程度で70台で回れるようになっています。

 

飛ばすスイングを作るためにむやみやたらと打ちっぱなし上でボールを打ち込むだけではなくて、竹ぼうきを使って自宅で空いた時間に素振りをするだけでも十分飛ばせるスイングが身につくことを証明してくれています。

 

海老原治プロは竹ぼうきを振り続けて40年と言ってます。

 

動画でもあるように、海老原治プロはフォロー側で音を出すことを意識していると言ってます。

とても60歳超えとは思えない力強いスイングですね。

 

そして、海老原治プロは言ってます。

 

「竹ぼうきを使っての素振りにはスイングのすべてのエキスが入っている」と。

海老原治プロはゴルフをはじめたての段階からこの竹ぼうきを使っての素振りを行ってきたようです。

 

仕事で使っていた竹ぼうきを何気なく振っていたと言ってます。

 

自宅で竹ぼうきを振れるスペースがある場合はぜひチャレンジしてみましょう。

 

手打ちが体に染みついてしまっている場合は、最初はこの竹ぼうきを振るとバランスをくずしたり強く振りぬくことができません。

 

飛距離アップの練習としては古典的な練習方法かもしれませんが、効果があることは間違いないでしょう。

この竹ぼうきを使っての素振りをすることにより、年齢を重ねた海老原治プロのようなシニアの方でもまだまだ飛距離アップが可能だと思います。

 

コツとしては何度も言ってますがフォロー側で「ブン!」と音を出せるようになると飛距離もおのずと伸びるようになるので頭であれこれ考えてスイングを作るのが苦手な場合はおすすめですね。

 

体で飛ばすためのスイングを身につける上では何も考えずに竹ぼうきを一心不乱に振ってみるのもありですね。

 

また、自宅で気軽に飛距離アップの練習としてメンコを使って自宅で簡単に飛距離アップする右手の使い方が分かる練習方法も試してみるといいです。

 

お金をかけずに自宅にあるものを使ってこのように飛距離アップのために役立ててみてください。

 

最後に、もっと簡単に飛距離アップする詳しい方法はメルマガ限定で教えています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

ブログでは書けない飛距離アップの方法をお伝えしています。

 -飛距離アップ練習方法

  関連記事

でんでん太鼓の要領でヘッドスピードを上げ、飛距離アップする藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロのドライーバー飛距離アップのレッスンとして動画を紹介いたします。   そ

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

ドライバーの飛距離アップのために自宅で気軽にできる練習方法

今回は飛距離アップのためにクラブをしならせて飛ばす感覚を養うための練習方法を紹介します。 自宅で手軽

ドライバー飛距離アップのために体をゴムのようにしならせて飛ばすコツ

  飛ばしのためには前回の記事でお伝えしたように体を速く回転させた方がヘッドスピードを上げ

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

no image

腰のターンで腕の振りを連動して飛距離アップの正しいスイング作り

  ダウンスイングで下半身からスタートさせることの大切さはある程度は分かってもらえたのでは

ダウンスイングでクラブを立てて下して飛距離アップする方法

飛距離アップのためにダウンスイングでクラブを立てるための方法について解説されています。  

体の軸を中心に飛ばすためのスイングにキレが生まれる練習

飛距離アップのために、今回は体の軸を中心に鋭く回転して振りぬくレッスンを紹介します。 このドリルを行

体がキレてボールが飛び出す飛距離アップのコツはハの字に振りぬくこと

  面白い練習方法を紹介します。 このドリルを実際に意識してやると飛距離が伸びました。 &

ボールを飛ばすために必要な腰のキレを鍛える練習方法

  今回は腰のキレを増して飛ばすための方法について動画で紹介しています。 ハーフショットを

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式