*

飛距離アップに必要なミート率を上げるためのスイングの最下点を知る

      2020/05/16

 

アスリート編としてさらに飛距離アップするためには?
というテーマで解説されています。

 

ある程度ドライバーで飛ばせるようになってきたけどさらに飛距離アップしたいという場合はこれから解説されることは重要となります。
まず大事になることが自分に合った飛ばし方を身に着けるという部分です。

 

ある程度上級者になってくると球を打ったり、クラブを振ったりすることに関しては深いことはそれほどなく、

何が一番大事になるのかと言うとそれは自分を知ることですね。
そこで自分を知るという事は何をするかと言うと

飛距離アップに重要となるヘッドスピードを上げること。

 

でも、ヘッドスピードが速いだけではボールは飛んでくれない。
ヘッドスピードだけではなくてミート率も重要です。
なのでヘッドスピードに加えてしっかり当たるということも考えましょう。
そして、これを知るための練習方法として
測定器を使ってスイングデータをチェックします。
測定器で計測できる項目はヘッドスピード、ボールスピード、だいたいの飛距離、そしてミート率です。

この中でも最も重要となるのがミート率です。

飛ばしのために確認することはヘッドスピードとミート率になります。

この二つを日ごろから確認する必要があります。

 

測定器を使って練習する場合ミート率が1,4以上あると合格点とします。
例えばヘッドスピードを下げてミート率を上げてみます。
ミート率が上がればヘッドスピードが多少下がったとしても飛距離はほとんど変わりません。
なので必ず飛距離アップで大切なことはこのヘッドスピードとミート率の兼ね合いになります。
いくらヘッドスピードが速くてもミート率が悪ければボールは飛んでくれません。
逆にヘッドスピードがそんなにでなくてもしっかりしたミート率が出ることで飛距離は出てきます。
このヘッドスピードとミート率の兼ね合いを理解して練習することにより、より飛距離アップにつながります。

 

また、こういった練習をすることによって効率よく自分を知ることが出来るようになります。
なので、飛距離アップに悩んでいる場合に自分はミート率を上げたらいいのか?
もしくはヘッドスピードを上げればいいのか?
これが自分の練習の課題になります。

ですのでこのような測定器を有効に使って練習してみることをお勧めします。

 

 

 

次に飛ばしの中で最重要ポイントとなる最下点の理論について解説されています。
そして、安楽プロの中でスイングのイメージというのはクラブが丸く動くイメージです。

つまりクラブヘッドは円軌道で動くというイメージですね。
つまり地面にクラブヘッドが触れたらすぐにタッチアンドゴウで上がるイメージですね。
クラブヘッドは丸く動きます。
そして、地面は平らです。
そうすると平面の地面とクラブヘッドの円軌道が交わるポイントは一か所になります。
つまり点になります。
この点がスイングの最下点になります。

そして、この最下点を知るという事がまず大事なことです。

またこの最下点に向かって振っていくという事も大事です。
ドライバーショット、アイアンショット、すべて同じで最下点に向かって振っていきます。

最下点に向かって上から下に振ります。
そして、飛ばすためにできるだけ省エネで打ちたいという考えがあります。

力が無くても上から下にクラブを下すことが出来ると力は必要ありません。

 

片手で打っても構えた状態から上から下に振っていくと省エネで効率よくボールをとらえることが出来ます。

クラブヘッドの力を利用することにより力を必要としなくても大きな飛距離を出すことが出来るのです。
ですので、一番大事なのがどこに向かってクラブを振るかという事ですね。
スイングの最下点に向かってクラブを振ります。

そのためには自分のスイングの最下点をまずは知る必要があるということ。
ただ、上から下にクラブを落としてもアイアンの場合は地面の上にボールがありますが、ドライバーの場合はティーアップしているのまだ先にボールがあるわけです。
そして、どのように上手いぐあいに上から下にクラブを振ったら最下点を通過してティーアップしているボールに当てることが出来るのかというのまた次回お伝えするとして

まずは最下点に向かって振るという事を参考にしてみてください。

次回はドライバー飛ばしのコツはボールに当てに行くのではなく当たるスイングを見つけることについてです。

あなたがゴルフを早く上達させたいなら、ブログに書けないゴルフノウハウをメルマガ限定で教えています。
無料メルマガ

また、メルマガではゴルフノウハウレポートを無料でプレゼントしています。

 -飛距離アップ練習方法, , , ,

  関連記事

ボールを飛ばすために必要な腰のキレを鍛える練習方法

  今回は腰のキレを増して飛ばすための方法について動画で紹介しています。 ハーフショットを

小さなトップから大きなフォローにつなげるために体幹を使って飛ばす練習

飛ばすためには体の捻じり戻しが必要です。 ダウンスイングからフォローにかけて体をねじり戻していくため

飛ばしの秘訣!タイミングよくインパクトするための練習方法

これまでドラコンプロである安楽プロの飛ばしの秘訣について解説してきました。 いよいよ今回が最終章とな

飛距離アップのために左への体重移動によるスエーを防止するドリル

  飛距離アップを求めるあまりに体の悪い動きが発生してしまう場合があります。 飛ばしたいと

300ヤードを飛ばすためには腰は回転ではなく切ることが重要

飛距離300ヤードの法則として腰を切る動きについて動画で解説されています。 飛ばすためには腰は回すと

スイング中の前掲角度をキープして飛距離アップする練習方法

ゴルフの飛距離アップにはミート率の向上は欠かせないと思います。 いくらスイングスピードが速くてもミー

竹ぼうきを使って飛距離アップする海老原治プロの教え

    さて、今回も飛距離アップのための動画となります。 海老原治プロ直伝の飛距

飛距離アップのためにテークバックで右足を踏みダウンスイングで左足を踏む

今回も安楽プロによる飛距離アップレッスンとなります。 前回テークバックで右足を踏んで、ダウンスイング

誰でも簡単にできる効果的な素振りで飛距離アップ

  どうにかして飛距離を伸ばしたいという方は多いと思います。 今回も飛距離アップに悩んでい

メンコを使って自宅で簡単に飛距離アップする右手の使い方が分かる練習方法

それでは、今回も飛距離アップのためのトレーニング方法を紹介したいと思います。 今回はゴルフのスイング

no image
ビックキャリーを出すためにはアッパーブローで打ちだし角を高く

どうも、ゴルフ侍トシです。 今回はキャリーを出して飛ばすために【ドライバーでもフェースにボールを乗せ

チョン・インジ選手の飛ばしのコツは右手首のリリースが遅い

  久しぶりの更新になります。 最近仕事が忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

飛距離アップは体重移動の量が飛距離を伸ばす藤田寛之プロの教え

今回は藤田寛之プロの飛距離アップのコツを紹介します。   ワイドスタンスで大きく下半身を動

リズムシンクロ打法森本式レビュー、実践、感想、試してみた

今回は森本式しなり活用式打法のリズムシンクロ打法を購入して実践した感想をレビューしたいと思います。

no image
飛ばすゴルフは上半身が開かない右足を蹴るタイミングが大事

飛ばすために今回はダウンスイングからインパクトにかけての右足の蹴りについてです。 右足を早く蹴ってし


  • LINEのお友達追加で限定動画をプレゼント中です。

    さらに、【今すぐにスコアを8つ縮める秘訣】のレポートもプレゼントしています。

    あなたも劇的にゴルフを上達させたい場合はぜひ僕を友達追加してください^^

    友だち追加

  • トシと申します。

    ゴルフをはじめて半年でスコア82。

    1年後にはパープレーを達成しました。

    独自のスイングメソッドをメルマガ限定で配信しています。

    ぜひ、LINEのお友達追加よろしくお願いします^^

マーケットメイク方式